トップ «前の日記(2018-01-01) 最新 次の日記(2018-01-03)» 編集

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2018-01-02 私xxxxしないので

_ [MISC][仕事] 私xxxxしないので

  お正月休みなんだけど、ちょっとEverySenseのアプリに不具合があって、バダバタしてしまい、実験参加者の人にはいささかご迷惑をおかけしてしまった。すこし時間が経過しすぎたけど、修正アナウンスをさせていただいた。なんだか、こういう対応というか内容は、とても悲しくて自己嫌悪に陥ってしまった

  そんななか、年末に某コミュニティの人達から"トグターX"という、テレビドラマが面白くて、アマゾンプライムで無料で観れると勧められたので、ちょっと観はじめたら、ハマってしまった。

  これ観ていて、やり直しの効かない仕事に対するプロの姿勢っていうのは、こうだよなぁってつくづく思った。まったく分野は違うけど、組み込みマイコンのコードやゲートアレイを開発していたころは、こういう緊張感の連続だったなと思い出した。確かに、ガムシロップ飲みたくなるんだよね...

  とても、人の命と比較できるものではないけど、組み込みマイコンとかゲートアレイも、一度テープリリースしてマスクを起こしてしまうと、とてつもなく修正費用が高いので、失敗は許されなかった。まして、その昔の家電の設計・開発をしていた頃は、市場に製品がリリースされた後の回収コストなんて考えると、メロンをいくつもらっても割りが合わないくらいリクスはあった。

  若い頃は、リリースするコードの検証や品質チェックには、かなり拘りを持っていたので、「私、失敗しないので」的な発言をしていた。実際に、まぁそれななりに結果を出せてはいたから、クライアントとは長い付き合いが出来たし、いまも続いてるかなとも思う。

  というわけで、プロとして対価をいただく仕事をする以上、やはりこういう「私、失敗しないので」と言えるような仕事の質を心がけるのは、業種に関係なく必要なことだろう。もちろん、それが驕りから出てくるのではなく、その言葉を言えるくらい、徹底して自分に厳しくなる必要がある。

  たまたま、今はいくつか公的な検討会などの委員を付託されているのだが、こういう委員会での発言も、プロとしての質が求められるのだろう。一度口から出た言葉は、取り消しが効かないのだから、「私、失言しませんので」っていうくらいの意識と責任感を持って、望まないとなと思うけど、僕は口が軽いんだよな....

  というわけで、なんだかんだ、アマゾンプレミアムの無償のシーズン4までを、全部観てしまった。

  それにしても、相変わらず内田有希さんが可愛すぎて、彼女が出てくると心拍上がって、サイナスじゃなくなりそう。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2018年
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31