トップ 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2020-02-25 カジュアルトークは楽しいな

_ [仕事][インターネット] カジュアルトークは楽しいな

  今日の午前中は、DTAとSIP関係でのシンポジウム。時節柄Zoomでの開催を併用して、会場への来場は抑えたのだが、特段の支障もなかった。むしろ、Zoomからの参加者がチャットで質問をくれるのは、会場のスクリーンでシェアされるので、わかりやすくて良い。

  パネルでは、霞ヶ関関係者が結構ストレートに答えてくれて、本音のところが聞けたのが良かった。よく、パネルやるとポジショントークで終わっちゃうこともあるのだが、今回はそれがなかったので、なかなかに楽しかった。


2020-02-24 頼れる兄貴

_ [] 頼れる兄貴

  昨日の強風が嘘のように止んで、すっかり春のような暖かさ。そりゃー、こんなお日様ポカポカならのんびりしたいよねということで、放牧場のAlice嬢は、優雅に横坐りで澄まし顔。

  調馬策もなんだか重いなという感じだったけど、今日はアメリカから来た素敵なター兄さんと一緒に林道へ。他に仲間がいるからなのか、先頭なのに出がけの抵抗もなくスタスタと先導していく。ところが、登坂訓練のコースの入り口に来たら抵抗して反転。

  そこで、すかさずお兄さんが前に出てくれたら、慌ててついていく。そのあとの林道の入り口も、多少ゴネたもののクリア。ター兄さんは、初めての林道なのに、スタスタと良いペースの速歩。後ろから見ると、筋肉美がプリプリで凄い。

  なんとか、離れずに折り返しまで行き、そこからは順番を交代して前に。帰り道は、まあ帰りたい一心で、まったく平気でスタコラと行き、最後のほうで道祖神にびっくりしたのか、ちょっとバタついたけど、頼れる兄貴がいるのは大きな違いで、無事にに部班での林道コースの往復を終了。

  午後は、少しお仕事モードをしたあと、夜な夜なやっていた胡桃の実剥きの残り少しを終わらせた。今年も、ポール一杯の鬼胡桃の処理が山を超えた。あとは、汚れとか異物をとって、大きさを寄ってキャニスターに入れるだけ。これでも、胡桃パンにすると、あっと言う間になくなっちゃうんだよね。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

2020-02-23 山が鳴く日

_ [MISC] 山が鳴く日

  昨日の夜からとんでもなく風か強い。我が家は、山の斜面にあるので、風か強い日は、山の風切り音が半端なく響く。ジェット機が上空を通過するみたいな、ゴーーーーーーって音がずっと鳴り響いてる。これって、まさに山が鳴くって感じで、もう慣れたけど最初の頃はかなりびびった。

  そんなわけで、今日は明野も春一番が吹き荒れていて、とてもとてもAliceと戯れる勇気がないので、朝顔だけだして撤収。出張の報告やら返信やらね諸々のメール処理を進めて、夜はグラタンとフォッチャ。

  もう、ずっと在宅勤務でいいんだけどなぁ....


2020-02-22 帰国飯は春

_ [][MISC] 帰国飯は春

  当初予定より17時間くらい遅れて、成田に帰国。急遽振替になったスイスエアーは、Wi-Fiがまともに使えなかったので、その分睡眠をしっかりとれた。

  新宿から甲府経由で、そのままSunnyへ立ち寄る。雨が降り出したので、騎乗も調馬策もなしで、Aliceにぺロペロされただけ。Aliceのトレーニングメニューについて、少しFさんと打ち合わせ。春に向けて、うまく調整できるといいのだが...

  雨が降り始めたけど、気温が高いので裏山を覗いたら、案の定蕗の薹が出始めていたので、少しだけ摘んでみる。天ぷらにするか素揚げにするかバスタにするかちょっと悩んだのだけど、冷蔵庫の余り物を散策したら菜の花とそら豆があったので天ぷらにすることにした。

  もっとも、帰国日だから圧倒的に白いご飯とお味噌汁にするつもりだったので、当然の帰結かもしれない。というわけで、スーパーの鮮魚コーナーで、わかさぎ、ホヤ、さわらもゲットして、肉じゃがなどと一緒に夕飯は、居酒屋飯。

  やっぱり、帰国日は和に走るわ。

画像の説明 画像の説明

2020-02-21 初チューリッヒ

_ [][仕事] 初チューリッヒ

  早朝にホテルを出て、ベルリンのテーゲルからスイスのチューリッヒへ。昨日と違つて、今日は時間的にも余裕があるので、こちらも精神的にのんびり。チューリッヒは、トランジットも含めて初めて来たのだけど、山に囲まれた綺麗な空港で、いかにもスイスらしい。成田までのフライトも予定通りの出発で、とりあえず帰国の途についた。

画像の説明

2020-02-20 帰れないじゃん

_ [] 帰れないじゃん

  朝一で東京とテレカンをしたあと、チェックアウトの時間までホテルでお仕事。そのあと、 KDWまで歩いてフードコートでソーセージとスープでお昼。帰国のフライトは、夕方なので久しぶりにFinest Whiskeyに立ち寄ってみた。

  ちょうど、この半年くらい前に、在庫のハイグロープを若者集団が飲み明かしたので、補充に一本。あとは、Root,Inc.の創業年1993年のGlenfarclas をゲット。それにしても、お高いのはもう半端なくお高くて、そのなかでも響とオールドなんてのが、ガラスケースの中に鎮座して幅を効かせてたりするのだからビックリ。

  ホテルに戻って荷物をピックアップして、空港まで移動。しかし、なんとブリュッセルに行く便が1時間以上の遅延。そもそも、ブリッセルでの成田行きへの乗り換え時間が1時間ないのに、これじゃ帰れない。

  結局、ブリュッセル航空の提案は、空港近くのホテルに一泊して、明日の朝にチューリッヒ経由で帰国という経路。金曜日の夕方に帰国する予定が、土曜日の朝になる。

  あいにくと金曜日の夜に一件予定があったのだが、それは参加できないことになった。それでも、週末なので他への影響は少ないので、リカバリーとしてはまぁまぁかな。

  空港近くのホテルは、当然航空会社負担で、夕食と朝食も含まれていたけど、それより嬉しかったのはバスタブがあったことかもしれない。嬉しいので、いつも携行しているMortonBrownのバスジェルをガッツリ使ってしまった。

  それにしても、今回は水曜日の打ち合わせが、とても建設的だし充実したものだったのだが、そのために3泊5日になってしまったのは、なんだかなぁではある。

画像の説明 画像の説明

2020-02-19 データのレイヤー

_ [仕事] データのレイヤー

  午前中は、FIWAER FoundationのC.E.O,C.O.O,C.T.Oの幹部とのミーティング。昨年からテレカンなどで情報交換をしてきたけど、ようやくMoUの締結になった。

  面白いのは、彼らはSmartCityという特定領域からスタートしてきたけど、やはりデータのレイヤーになったら、それでは無理ということに気が付いたらしい。そんなわけで、最初にもらっていたMoUのPurposeはSmartCityだったけど、今日の議論の結果からData Sharingに大きくScopeが広がったかたちで無事に調印。

  午後は、同じ会議室を借りて、IEEE-DTSIのテレカン。早速FIWARE FoundationのC.T.O.も参加してくれた。インドでのワークショプも、1人参加させてくれるとのことになった。

  午後の後半は、International Data SpacesのC.E.O,C.F.O.との打ち合わせ。彼らはドルトムントが拠点なのだけど、今回はこちらの旅程に合わせて、ベルリンに来てくれた。彼らもスタートは、Industry Dataだったのが、やはりデータ という視点からだと、そういう分類ではないと気づいたらしく、International に最初の言葉がが変わった。こちらは、今日MoUのドラフトを協議したので、これから日本でも追記部分などを検討して、締結にむけて進めることになった。

  どうも、この辺りの話にしても、エストニアとかの話にても、諸外国の状況を日本に伝える人の多くは、その実態を把握していないようで、やたら賞賛するというか、すごいすごいモードなのが多いけど、実際にこうして協議してみると、ことデータレイヤーについては、特定分野でのエコシステムの限界に直面していることがわかる。だいたいからして、データ というレイヤーは、特定分野に閉じないので、目の前のことにとらわれて、まずは出来るところから的な政策や取り組みをするのが無理筋なんだろうな。

  アーキテクチャとかシステム設計とか最近でこそよく話題にしてるけど、その議論をするときに、まずは特定分野でってやるのは、グランウドデザインを軽んじて、目の前の実装に引っばられていることに他ならない。

  というわけで、今回ドイツの誇る二つのデータ 系な団体と、相互に大きな傘での共通認識もできたし、その実態のところも話が聞けたので、1日だけの出張でも濃厚な出張だった。

  夜は、IDSAのC.F.O.のアレンジで、日本レストランへ。日本酒の種類が豊富で、なかなかに素敵なお店だった。

画像の説明

2020-02-18 はい、????さま

_ [] はい、????さま

  コロナウィルスが気になるなか、羽田からフランクフルト経由でベルリンに出張。フランクフルトの乗り継ぎ時間が1時間くらいしかないので、いささかびびったけど、パスポートコントロールもセキュリティチェックも、いつになくスムーズで、ラウンジでメール読んでコーラを飲む時間があった。

  ベルリンは、あいかわらず新しい空港ではなくてTXL。ホテルまではUberで移動したのだが、Uberの運転手さんが「はい、????さま」とよくわからん日本語で話かけてきた。なんど聞いても、????のとこがよくわからん。" はい"と"さま"は聞き取れる。

  でっ、とりあえず英語は通じる人だったので、いろいろと聞いたら、ラストサムライのセリフらしい。????のとこは、たぶん人の名前なのだが、いまひつとわからない。でも彼にとっては、「はい、????さま」全部が、一つの挨拶のフレーズだと思っていたらしい。というわけで、そこは人の名前を入れるんだよと教えてあげたら、下車するときにオジキをしてくれた。www

  ホテルで荷物を解いた後、先に到着してた同僚と合流して、近くにあるドイツ料理のDicke Wirtinで、ビールとソーセージとシニュッツェル。なんどか来たことのあるお店で、相変わらずの盛況ぶりだったけど、カウンタで待っていたらすぐにテーブルが空いたのは、ラッキーだった。


2020-02-17 見てるとこ違うよね

_ [仕事] 見てるとこ違うよね

  ここ1週間の間に、同じ有識者チームと3回くらい同じテーマで会話をする会議があったのだが、なかなかに面白い。

  他人事のように面白いとか言って場合ではないけど、有識者という方達は、まあ違う立場や違う視点で発言するので、その視点や視座の違いがとても出る。

  要するに、興味のある部分や琴線に触れる部分が違うわけなんだが、評価とか指摘とかされる方は、それをまた一通り汲みとる必要があるので、なかなか大変だ。

  そんにわけで、今日も朝から夜まで、SiP関係の打ち合わせの連続で、いささか分裂気味になってきた。


2020-02-16 シルバー割引

_ [MISC] シルバ ー割引

  雨なので散髪と執筆な日。今年の正月早々、なんの確認もなく、一方的に見た目判断でシルバー割引してくれた床屋さん。今回は、なにも言わなかったら、普通料金だった。まだ、一月ほど割引年齢にはならないのだぞ....よしよし。

  昼からは、共著してる某書籍の原稿をなんとか推敲できるレベルまで終わらせる。しかし、本屋に平積みになっている流行作家って、一体どんだけ筆が早いんだよとつくづく思う。

  僕の場合は、やはり一気に書き上げるほど集中力が持続しないので、ついつい気晴らしに走ってしまう。今日も、鬼胡桃の内実を剥いたり、酒粕クッキーを仕込んだり...

  しかし、酒粕のクッキーって、思ったより美味しくて、置いておくとついつい手が出てしまいやばいよこれ。ちょっと、作り方工夫して、来週はもっと作ってみようかしらん。

画像の説明

この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2020年
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29