トップ 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2018-07-16 馬のきもち

_ [] 馬のきもち

  午前中は、SunnyでAliceの調馬策運動と丸馬場で1鞍。北海道から出てきて、約3ヶ月が過ぎて明野の環境にも大分慣れてきたようだけど、まだまだやることがたくさんある。

  今日は、初めて繋ぎ場で洗ってみたのだが、以外と大人しくて、気持ち良さそうにしていた。しかし、芦毛と行ってもまだ白くなっていないから、よごれは目立たなかったけど、流石に流れ落ちる水の茶色いこと。

  洗い終わった後に、乾くのを待っている間も、そこそこに大人しいので、ここぞとばかりにクラブのオーナーさんが爪の手入れ。これは、さすがに一苦労だったけど、なんとか後足は綺麗になった。

  ある程度乾いてから、放牧場に連れていったら、速攻で寝転がって砂浴び。あっというまに土の衣がついてしまった。これ、大人になって白くなった時のことを思うと、ぞっとするな.....

  それにしても、シャワーして、ネイルして、スッキリしたお嬢様は、果たして本当に気持ちよかったのだろうか....残念ながら馬のきもちが判らないので、アマゾンから届いた本でお勉強してみよう。

  ところで、この本の原題は、"Think like a horse"なんですね。確かに、相手の気持ちがわかるというのは、相手の気持ちで考えるということだよね。

  夜は、プチ快気祝いモードで家飲み。

画像の説明 画像の説明

2018-07-15 リスタート気分

_ [MISC] リスタート気分

  向滝の朝は、朝食のあとにパーコレータで入れるコーヒを楽しむ。パーコレータは、実家でも子供の頃に実姉がよく使っていたので懐かしい。今日の夕方までに山梨に戻る必要があったので、今日はどこもみずに会津若松から郡山にでて、新幹線で東京へ戻った。一旦、久しぶりに武蔵境のアパートに寄ったあと、甲府経由で山梨の家に戻った。

  温泉宿から帰ってきたけど、まったくの躊躇もなく夕飯前に近くのたかねの湯に2ヶ月ぶりに行く。この三日間で、IMRTのために体に書いてあったマーカーが綺麗に消えたので、精神的にもスッキリ。

  家にお取り寄せの国産オレンジがあったので、今日の田圃カクテルは、オレンジ・ブロッサム。

  なんとなく、いろいろな意味でリスター ト気分だわ。

画像の説明 画像の説明

_ [Health] 予兆から診察へ

  一昨日の日記に書いたように、前立腺癌になってしまった。いままで、僕は、血圧とかの薬を飲むこともなく、心臓のWPWという狭心症もなぜか数年前に消え去り、医者いらずだった。

  それなのに、いきなり末期癌というやつになってしまい、お気楽ご気楽なキャラなのに、それなりにいろいろと考える半年だった。たまたま、かつてモバイルブロードバンド協会を設立した時に理事長に就任いただいた公文先生も、僕より一月くらい前に放射線治療に入られたとSNSで知った。公文先生は、ご自身の治療のことなどを公開されていて、ぼくにもとても参考になった。公文先生に限らず、いまや癌は治る病気として、たくさんの人が闘病しながら生活をされていて、少なくない人たちがその様子をネットにも公開している。

  僕は、臆病なのであまりネットで自分の病気のことを調べる勇気がなくて、最低限の検索しかしなかったけど、公文先生はじめ多くの人たちの情報がとても参考になった。

  これって、公文先生が提唱していた集合智だよなと思い、僕も少しずつでもこの病気の経緯などを、この日記に書いてみることする。まぁ、この日記は、備忘録なので、忘れないうちにすこしづつだけど、時系列的に記録しておこう。

  ということで、まずは発覚の経緯から書いてみる。じつは、数年前からトイレが近くなったなと思っていた。いわゆる頻尿というやつだ。まぁ、年齢的にそんなに珍しいことじゃないし、夜中に一度くらい起きるのは、周りの人に聞いたら結構多いというので、そんなもんかなと思っていた。ところが、去年の夏前くらいから、その頻度が高くなり、多い時には夜中になんどもトイレに行くようになった。

  そんなことから、毎年秋に行なっている人間ドックの時に、なるべくオプションをということで、PSAの検査をしてもらった。この結果、PSAが1312ng/ml で、前立腺肥大の疑い濃厚で要精密検査となった。

  そこで、少し周りに聞いて、聖路加病院を紹介してもらい、まずは診察を受けることにした。とはいえ、海外出張などもあり、人間ドックからおおよそ2ヶ月後の12月の初旬に初診となった。

  初診は、いわゆる直腸診というやつで、主治医の先生が直接に触診するのだけど、もうその段階で前立腺肥大がかなり進んでいて、癌の可能性が高いという見立てとなった。

  そこで、細胞をとって病理検査をする生検のための入院の予約をその場でするとともに、レントゲン、全身の骨シンチ、MRIなどの予約もいれて、一気に検査のための通院の予定が立てられた。

  この段階では、まだ僕自身は、心理的に否認的な思考も働いていたのだろうげと、いわゆる前立腺肥大で、悪性かどうかはわからないし、かりに悪性としても、ロボット手術かなくらいで、さほど深刻には捉えていなかった。

  とにもかくにも、これか最初の発見でだった。


2018-07-14 日光〜会津若松

_ [] 日光〜会津若松

  朝、ホテルから歩いて東照宮へ散歩。残念ながら境内に入れるのは、八時からなので、とりあえず五重の塔の前まででUターン。一旦、ホテルに戻って朝食をとったあと、乗り鉄な人の設計で東武日光から今市、鬼怒川温泉経由で会津鉄道で会津若松に移動。

  会津若松は、戊辰百五十周年ということで、まずは飯盛山に行って軽く昼食を取った後、白虎隊の資料館、さざえ堂、墓地などを散策し、白虎隊の自決の地から次の目的地の鶴ヶ城を確認。

  飯盛山から鶴ヶ城に移動して、天守内の資料館を見学。しかし、近代に再建された天守閣って、味気ないよね...と、現存天守閣好きな人が嘆くのも納得する。

  ちょうど良い時間に、今日の宿である東山温泉の向滝に到着。木造三階建の趣のある宿で、なんとも言えず落ち着く。風呂は、館内に三箇所あって、いずれも源泉掛け流しということで、温度はかなり高め。なにしろ、2ヶ月の温泉禁則が明けた身としては、たまらなく嬉しい。

  昨夜止まった日光の金谷ホテルは、温泉ではなかったけど、明治6年の開業で、ところどころに施された木彫りの装飾や調度品を楽しめた。おもうに、その僅か数年前に、戊辰戦争があったというのもすごい時代変動を感じる。

  今夜の向滝は、重要文化財に指定されていて、会津藩御用達だった宿で、戊辰より遥か以前の時代に、会津藩の栄華盛衰を見てきたわけだ。

  それにしても、日光から会津若松に移動する途中の車窓から見えた鬼怒川温泉の景色は、巨大な廃墟と化した大型温泉ホテルがなんとも裏寂しかった。これらと老舗との差は、時代に合わせた変革だけではなく、頑固一徹というか芯の通ったこだわりも生き残りには必要なんだと感じさせるものがある。

  まさに、「ならぬことはならぬものです」なわけだ。

画像の説明 画像の説明

2018-07-13 I shall return

_ [Health] I shall return

  去る5月21日から8週間全39回にわたって行なっていた、前立腺癌に対する強度偏重放射線治療(IMRT)が、本日をもって無事に終了した。治療は、平日の毎日12:20からだったので、この2ヶ月間は、海外はもとより国内出張もできず、また昼間の時間帯の打ち合わせや会議も参加できず、いろいろと仕事関係のみなさまご迷惑をおかけしてしまいました。

  昨年の十一月の人間ドックで、PSAが1312ng/ml という異常値で検出され、十二月に生検を含む各種検査をした結果、高危険群・局所進行のT4 グリソンスコア 9 という、いわゆる末期の癌というものでした。

  遠隔転移はないものの、近接の精嚢への浸潤とリンパ節への転移の疑いもあり、外科手術は行えないとの判断でした。この結果、まずホルモン投与による内分泌療法を即座にはじめ、半年ほど経過した5月末より放射線治療を行ってきました。

  この結果、PSAは、先週の段階で0.066ng/ml となり、リンパ節の浮腫も画像診断では判別できない状態までになりました。PSAは、放射線治療の開始前に0.77まで低下していたので、ホルモン療法が相当に効果的だったようですが、周辺のリンパや骨盤などへの転移の予防的措置も含めて、複雑なIMRTによる治療で根治を目指したわけです。

  これからも、ホルモン療法は継続するのですが、教科書的には5年PSA非再発率は60%ということですから、とりあえずはもう一仕事という感じです。というわけで、この間になかなか時間がとれなかった業務も、再び復帰します。

  長年、医者いらずだった自分がこういう状況になって、ともかく驚いたし、精神的に一応はショックを受けたりもしたのですが、同じ病気と戦っている先輩の情報発信などにも勇気づけられ、情報共有の重要性を身を以て痛感しました。ですから、これから少し振り返りになりますが、この病気と治療のことも、この日記には記載していくつもりです。

  この治療期間中、毎日丁寧な対応をしてくれた聖路加国際病院の医療チームの皆さまには、どれだけ感謝してもしきれないくらいの気持ちで、今日で治療が終わってしまうのがちょっと寂しいくらいだったりするのも変ですね。

  とにもかくにも、これでまた飛び回れますので、馬に仕事に、皆さまぜひお付き合いください。

  実は、治療中は体にマジックでマーカーを書いてるので温泉もいけませんでした。その反動で、今日の夕方から日光・会津と旅行にでることにして、1日目の今日は金谷ホテルに投宿。

  なお、食事制限もなにもないので、暴飲暴食をのぞいて、来週からは絶賛快気祝いを受け付けまーす。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

_ [Health] Move on next

The IMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy) for prostate cancer had been completed today.

The radiation therapy operation took 39 time from May 21st to Today.

During this therapy period, I had to absent to all of meetings which were held on weekday noontime.

To all of my business partners, sorry for this inconvinience and lack of contributions.

In the result of my therapy, my PSA (prostate-specific antigen) value was slightly decreased from 1312 ng/ml to 0.066ng/ml. It's 43dB down and quite normal value. And the lymph node swelling has seemed cleared.

Still I have to continue hormone therapy, but it does not restrict of my business activities.

So therefore I shall return to the field now! Let's move on the next.

Thank you very much for your support during this period.


2018-07-12 時計変えてみた

_ [インターネット][PC] 時計変えてみた

  そろそろいいかなぁと思って、ついに時計を林檎屋さんのにしてみた。前に、カシオのスマートウォッチに食いついて、えらいがっくりしたので、どうしても踏み切れなかったのだが、今回は飛び込んでみた。

  それにしても、お店で時計買うのに説明からインストールまで、なんだかんだで小一時間かかる。携帯ショップでも思うことだけど、こういうのは本当に販売する人の教育や販売網の確立が大変だなと思う。

  それでも、決して安くない数万円、下手したら10万円を超える時計が、次々と売れて行く小売の現場って、やはりすごい。

  まだ、まったく使いこなせないのだが、とりあえずポケモンGoが起動しなくなった。でも、とても一度にいろいろいじる気はないので、まぁゆっくり遊んでみよう。


2018-07-11 Move on next

_ [][仕事] 鳥取

  今日の夕方は、鳥取の企業の方と打ち合わせ。なぜか、最近周りには鳥取の話題が多くて、今日も出てくる地名とかがなんとなく聞いたことのあるのが多かった。

  鳥取には、過去に県庁さんに訪問したり鳥取大学で開催された学会に参加したくらいで、いまだ鳥取砂丘にも行ったことがない。つまりは、あの有名なスナバカフェにも行けてない。

  打ち合わせでいただいたパンフとかみると、岩美町の綺麗な海外線の景色など、かなり魅力的に思うのだ。

  加えて、約1名飲み友がワインバーもやってるので、今年はなんとか鳥取に仕事にかこつけて行ってみたいと思うのだった。


2018-07-10 ソーシャライズパワー

_ [仕事] ソーシャライズパワー

  今週は、サンディエゴでIEEE802.11のPlenaryが開催されている。あいにくと、僕は出席できなかったのだが、IEEE802.11aiの時のバイスチェアとセクレタリーだった仲間が、新しいスタディグループで活躍している。

  スタディグループというのは、新しい標準化をするのに必要なドキュメントを作成し、標準を策定することの承認を得るのを目的としている。このため、その設置期間は6ヶ月なのだが、大抵は一度くらい延長となる。逆に言えば、標準化をするべきか、するとしたらその効果や目標設定はという部分だけでも、6ヶ月以上の期間を掛けて審議をしているわけだ。

  そんな、スタディグループのチェアをしている仲間から、電話で現状報告があった。なかなかに、ちょっと苦労しているようで、やはりドライブィングフォースとなる仲間作りに苦労しているようだ。

  最近はオープンなんちゃらでコミュニティに参加することの重要性が語られることが多いけど、コミュニティに参加することとコミュニティを作ることは大きく違う。"この指とまれ" と言うのと、誰かの指にとまるのでは、大きく違うわけだ。

  もし、本当に新しいことを生み出して、それを社会に広めていくのであれば、最初の一人になって"この指とまれ"と叫ぶことが求められる。こういうのは、英語的にはソーシャライズと言うことが多い。そして、このソーシャライズする力が、標準化などで言い出しっぺになるにはとても重要なスキルになる。

  IEEE802.11では、300人を超える参加者がいて、国も会社の規模もバラバラなので、このソーシャライズの面で日本人は、どうしても英語という言語の問題に突き当たる。逆に、日本人の仲間を引き込みたい欧米人にとっても、言語の壁はあって、電話をしてきたドイツ人のチェアからは、その辺り苦労が伺えた。

  日本で立ち上げたDTAについては、日本では相応な形になってきたけど、国際社会でのプレゼンスを作るには、また別なソーシャライズパワーが必要だ。


2018-07-09 旧交

_ [インターネット][MISC] 旧交

  2週間くらい前に、日本の商用ISPの老舗の取締役をしている知人から電話があった。なにかと思ったら、前職の時の知り合いと打ち合わせしていて、僕の話題になったので、掛けてみたとのこと。

  その後、互いにFaceBookで繋げて、結局のところ3人で今日飲むことなった。この前職の時の知り合いは、スピンアウトして起業した会社でIPOをし、この前東証一部に上がった。

  彼とは、おそらく10年ぶりくらいの再会。もっとも、以前にもなんども杯を重ねたわけではなくて、本当に数えるほどなのだが、不思議とよく覚えてるものだ。

  まぁネットワークとかインターネット業界は、みんな繋がってるので、共通の知人の名前がほいほい出てくる。それにしても、みんな上場したりして凄いなぁ....と感心することしきりだった。

  


2018-07-08 ブロックされた?

_ [インターネット][] ブロックされた?

  昨日は、結局のところ夜まで雨らしい雨は降らなかったのだけど、夜中から明け方に少し弱い雨になったみたいだ。この様子だと、馬場が乾くには時間がかかりそうなので、のんびりと午後からSunnyへ行く。

  案の定、丸馬場は厳しそうだったので、長形馬場でPooと一鞍。そのあと、Aliceと頭絡をつける練習。足上げや無口には、随分と慣れて来たけど、頭絡はまだ反抗する。そして、何よりも馬つなぎ場にいても、いろいろなものが気になって仕方がない。こういうのを見てると、つくづくPooをはじめとして、他の先輩馬達がすごいなぁと思う。

  夕方にとあるサイトのアクセスアカウントをゲットしたので、確認しようとしたら、なんとサイトが見つから無いエラー。もしかして、西日本の豪雨災害の影響かと思ったのだが、携帯からは繋がって、どうやら固定回線側のブロバイダなりISPがわの影響のような気がする。

  確かに、このサイトは、特定の趣味の人だけのサイトで、日本語で書かれていいて、日本人向けなのは明らかなのだが、なぜか.comドメイン。しかも、英語ページさえない。

  内容をみると、中に貼ってある画像や動画は、申し訳程度に胸回りが微妙に隠れる程度の布を纏っているだけで、もう下半身なんて丸出し。しかも、どうみても若い子の写真や動画もあるし、そのお歳ですか的な熟●なのまである。

  しかし、内容的には海賊版ということではないみたいだし、それなりの名だたる企業のバナーもある。もしかしたら、我が家の固定回線はフレッツなので、これが今流行りのブロッキング?

  わざわざ、DNS確認したりトレースルートしたりするような気は起き無いので、とりいあえず放置して、携帯でコンテンツの確認だけしておいたけど、時間のある時にもう少し調べて、サイト運営者の日本馬術連盟さんに問い合わせしてみようかしらん。


2018-07-07 来訪者

_ [MISC] 来訪者

  今日は、午後から前職の元部下達が遊びに来るので、朝一に畑を整理。そのあと、Sunnyにと思ったら、我が家の入り口のあたりが騒がしい。なんだよ、午後からって言ってたのに、こんな早くに到着したのかよと思ったら、来ていたのは元部下達ではなくて、裏山のお猿さん達。毎度のことだけど、大家族で優に十頭以上はいる。しかも、この春に生まれたであろう赤子を背中に乗せたり、大事にお腹に抱え込んで、我が家の入り口のナッツバーでドングリを絶賛食べ放題中だった。外出中に、家に入られないように戸締りをしっかりして外出。

  本当は、馬場で一鞍練習したいのだけど、雨続きで馬場が使えなかったので、馬房掃除を手伝って撤収し、散髪屋で散髪したあと、長坂の翁で元部下達と合流。軽くざるをいただいて、自宅にもどる。

  幸いに雨は降らなかったので、庭で中村農場の鶏肉をメインに炭火焼大会。それにしても、ここの白レバは絶品すぎる。

  例によって、ふた周り以上違う若者達の元気な飲みで、こちらもエネルギーをもらって、楽しい一夜だった。しかし、この騒ぎっぷりは、朝の来訪者より上だわ。

画像の説明

この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2018年
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31