トップ 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2020-06-04 長いうどんが欲しい

_ [仕事] 長いうどんが欲しい

  早朝に北杜市の家を出て、午前中は上野原のクライアントの事務所で研究報告。駅でO先生にピックアップしてもらい、サーキット仕様のスポーツカーで訪問。でも、相手先の社長さんも、これまたレアなツーシーターなスポーツカーなので、いきなり駐車場で車談議からスタート。

  報告会のあと昼食をとってから、駅まで送ってもらつてドロップ。上野原の駅は、南口にとても綺麗な駅舎とエレベータができたんだけど、人がまったくいない。というわけで、その駅舎のなかのベンチで、午後のテレカンファレンスに参加。喫茶店もスタバもないけど、バッテリーがある限り、ここの駅舎は快適。電源は、壁のコンセントが全部鍵付きの蓋がされているから、残念ながら無い。だから、バッテリーの残量にドキドキしながら、なんとか二時間のテレカンが終了。

  でも、次のテレカンが30分後にあるので、とりあえず高尾まで移動すれば、なにかあるかとおもって移動。ところが、高尾の駅は、待合室も閉まってるし、ここも電源はない。苦肉の策で、携帯用の携帯リチウムバッテリーからMacBookProをちょっとだけ充電。充電というよりは消費を抑制するレベルだけど、まぁ少しは時間が稼げた。

  なんだかんだ、朝に甲府を出たあとの特急の中で使い始めてから、高尾の駅のホームでのテレカンまで、バッテリーが持ってくれて乗り切れたのだが、伏兵のバッテリ切れがいかんともしがたかった。

  携帯もPCもなんとかなったけど、AirPadsのバッテリーが一番早く切れるのが辛い。テレカンしてても、途中で切れるので、ずっとAirPadsで参加できないのが痛い。新しいAirPads Proは、もうすこし長持ちするんだろうか?

  せめて、二時間会議続けられる長いうどんはないのかしらん。


2020-06-03 まとめてポン

_ [仕事] まとめてポン

  昨日の夜に続いて、今夜はIEEE-SASB(Standard Association Standard Board)のテレカン。このSASBは、実質的にSAの最高意思決定機関で、日本的にいうと理事会とか取締役会に相当する。

  でっ、昨夜NesCom(New Standard Committee)にて推奨が決議された P3800 Standard for a data-trading system: overview, terminology and reference modelは、今日のこの会議で正式に標準化策定のプロジェクトとして承認された。

 P3800を含む、多くのPAR(Project Authorization Requests)は、NesComでの全会一致だったため、個別の動議ではなく、まとめて承認というプロセスで、あっさりと可決された。

  一方で、Standard for Blockchain-based Omnidirectional Pandemic/epidemic Surveillance  という、まさにこのタイミングでというテーマの標準化は、その枝葉の個別標準も含めて10個の標準仕様の作成提案がされた。こちらは、NesComでも全会一致ではなかったため、いささかcontroversialだったりする。この辺りは、やはり提案のお作法的なとこも背景にあったりして、P3800では枝葉シリーズを一気に出さなかったor出せなかったのが良かったかもしれない。

  今日のSASBは、議案がたくさんあって、三時間では終わらないだろうということで、明日もセッションが準備されていたのだが、なんだかんだいいながら全ての議案審議が今日だけで終わった。

  ある要件を満たしている議案は、個別に動議決議しないで、まとめて承認するといのうは、確かに議事運営的には有効な手法だ。

  会議の決議じゃないけど、大昔に通信相手と受信電波の強度とかを交換する時に、まとめてポンしたらその業界の皆様から散々避難された経験のある僕は、このやり方には一瞬戸惑ってしまった。


2020-06-02 IEEE P3800

_ [仕事] IEEE P3800

  今夜のIEEE SA(Standard Association)のNesCom(New Standard Committee)で、データ流通推進協議会が提案して議論してきたDTS(Data Trading System)の標準化プロジェクトの設置が全会一致でSASB(Standard Association Standard Board)へ承認を推奨することが可決された。これにより、正式な手続きとしては、SASBでの最終決定になるが、新しいWorking Groupとして、標準仕様書の作成が始まる。

  長いこと、IEEE802には参加してきて、IEEE802.11ではTaskGroupのチェアもしてきたけど、Working Groupを新設するというのは、さらに一段上の作業なので、これから待ち受けている膨大な作業を思うと、いささかクラクラするものがある。

  慣例により、とりあえず仮チェアになるのだが、今回はその後のリーダーシップの選出方法などのルール作り(Policy & Procedure)から始まることになる。

  とにもかくにも、ぜひ日本からも多くの企業や組織に参加してもらいたいものだ。


2020-06-01 渋滞なし

_ [][仕事] 渋滞なし

  午前中は、上野原のクライアント先に訪問だったのだが、その直前に一つテレカンが入ったりで、車で移動することに。中央道の須玉ICからのって上野原までは、まったく渋滞はない。でも、通勤時間帯のため八王子から都心方面では、定番の場所で渋滞が発生しているとの渋滞情報が流れていた。これって、緊急事態宣言の出ている間は、まったくなかったので、やはり経済活動が再開した感がある。

  それでも、11時過ぎに上野原を出て外苑前の事務所までは、まったく渋滞がなかったので、まだまだ捨てたもんじゃない。おかげで、次のミーティングの前にしっかりと昼食が取れた。

  午後のミーティングの後、夕方のラッシュを避けようと早めに会社を出たけど、夕方の下りも渋滞はなし。石川PAで車を止めて、ひとつテレカンに参加し、談合坂で夕食をとって、境川PAでチャットの対応をして帰宅。 渋滞はないけど、なんだか各駅停車モードだった。


2020-05-31 察知力

_ [][MISC] 察知力

  午前中は、Aliceと丸馬場で練習。本当に、こっちがちょっとでも、あんなことやこんなことをしようと思って、すけべ心が出ると、さくっと見破られてしまう。自然体で力を抜いて、そおっとそおっとと思っても、ちょっとした瞬間に先読みされてしまう。

  まぁ、それでもふとした瞬間に、すうっと自然に手を繋いで歩いてたりすると、これがなんとも嬉しいんだけど.....それが続かない。

  まったく、この歳になって、こういうもどかしさっていうのは、なんなんだろう。老いらくの恋??

  午後は、少しだけ畑仕事と事務仕事。今夜は、たまたま魚だったので、魚の骨とかは、いつものように中庭にとおもって、食後に持って出たら、もう待ってる子がいた。

  待っていたのは、御近所さんの保護猫じゃないチビ野良さん。この子は、毎日のように我が家の中庭で、なにかをもらえると思って待ってる。残念ながら、我が家が、魚の残飯を置くのは、週に一度くらいなので、いつもはなにもない。

  でも、保護猫をたくさん面倒みてる御近所さんのとこで、一緒にご飯はもらってるらしいのだけど、まだ保護猫さんになっていないので、自由に野良をしてるらしい。

  いつも、なにもないから帰りなさいと言って聞かせるのだけど、か細い声でニャというだけで、結構遅い時間まで待ってたりする。たまたま、今日は魚の残りがあったわけで、もう猫まっしぐら状態。でも、まぁ野良さんなので、一定の距離には近づかない。でも、こんだけしょっちゅうみてると、情が出てきて、水を貝殻のお皿にいれるくらいのサービスをしてあげたら、それもしっかり飲み干してた。

  こうなってくると、いっそのことちゃんと餌付けして、避妊処理して地域猫さんにしてあげたくなるんだけど、果たして捕獲できるのだろうか?

  この子も、普通に自然体で観察しているとなんともないのに、こっちが動く気配をすると、するどく察知する。

  まったく、動物の察知力って凄い。


2020-05-30 熱中症?

_ [MISC][] 熱中症?

  午前中は、畑の手入れ。活着したり発芽した野菜のために、支柱やネットを立てたり。昨日の夕方に、短時間だけどそれなりに雨が降ったので、水やりはしなかったけど、今朝は日差しが強くて、かなり暑かった。

  昼食を挟んで、午後はSunnyでAliceと一鞍。二人の関係は、なんだか行ったり来たりで、もどかしい。まったくもって、おじさんには若い娘は難しい。

  夕方から、どうも頭痛が酷い。温泉でリラックスしても今一つで、夕飯を食べた後もなかなか抜けない。もしかしたら、熱中症かもということで、氷枕をして早めに就寝したら、日にちが変わる前にいったん目が覚めて、かなり楽になった。


2020-05-29 合意形成のルール

_ [仕事] 合意形成のルール

  今夜の7時からのセッションで、四月末から行ったDTAの連続企画Webデータ流通推進フオーラムの全14回のセッションが終了した。これは、いつもDTAが四半期毎に行ってきたデータ流通推進フォーラムが、新型コロナウィルス感染防止のために中止したことに加えて、今回のコロナウィルス問題がいろいろな視点でデータ流通や活用の課題を浮き彫りにしていることから、急遽企画した連続フォーラムだった。

  自由民主党のデジタル社会推進特別委員会の協力もあり、特定個社、個人の意見ではなく、さまざまな参加者の議論からの提言を受け取ってもらうことが目的でもあった。

  外出自粛、在宅勤務、テレワークが推奨される環境であったせいか、最終的に600人弱の人が参加登録をされ、実際に250人を超える参加者の回もあり、平均しても200人近くが参加したフォーラムとなったのには、正直かなり驚いた。おかげで、WebExとZoomの併用というトリッキーなことをして、両方の契約も大容量に更新するなんてこともした。

  全体を通して感じたのは、とにもかくにもIT系な人たちと法政に関わる人たちの距離感が、とても近くなったのではと思う。そして、なによりも思うのは、いままでの日本的な空気を読む集団での合意形成が限界にあるということだ。

  もう、阿吽の呼吸ではなくて、しっかりとルールにそった議論をしないと、政治だけでなく、社会を構成するそれぞれの要素(個人、会社、政府、機関....)間の持続的な信頼関係は築いていけないのでは感じた。

  たまたま、いま専門家会議の議事録の事もニュースになっいて、"議事録を作成しない理由について「構成員の専門家に自由かつ率直にご議論をいただくため」"なんて発言が引用されていたりする。でも、自由かつ率直なことと、無責任な発言は違う。大体、速記録と議事録は違うわけで、議事録で大事なことは、まずその会議などの場での合意事項がなにかであり、その合意にいたる背景での主だった賛成、反対意見などが読み取れることで、それは速記録とは違う。さらに、大事なことは、その議事録を出席者がしっかりと確認し、承認するかだ。

  こういう集団における合意形成のルールを、日本では阿吽の呼吸が凌駕してきたわけだけど、そろそろまともなルール社会に戻らないとならいないのではないだろうか?


2020-05-28 総会対応

_ [インターネット][仕事] 総会対応

  毎年のことだけど総会シーズンが迫っているので、今年も会計簿や事業報告のとりまとめをして、今日はDTAの召集理事会。しかし、この類の一般社団やNPOの会計の、正味財産の表記は、どうも企業会計をやっていると、何年みててもしっくりこない。

さらには、まぁ会計規則的にどっちでもいいけど、表記費目とか並べ方とかの趣味はでる。NPOの方は、PCAの会計ソフトを使っていて、あれは普通に公益法人会計とかができるので便利なんだけど、DTAのほうは弥生で、これはまったく公益法人会計のことは考慮されてない感じがする。 それでも、なんとかまとまって理事会に間に合ったので、良しとしよう。

  今日は、ふたたび電車で山梨に越境してかえったけど、なんかこれも少しだけ後ろめたさがあるなぁ。


2020-05-27 電車通勤

_ [仕事][] 電車通勤

  実に二ヶ月ぶりくらいの電車通勤。朝地元の駅で証明書を一つ発行する関係で、いわゆる通勤時間帯よりは遅めのためか、まぁそれなりに人混みはなく空いていた。もう、二ヶ月近くも通勤電車に乗っていないので、スイカの使い方とか忘れてたらどうしようモードだったけど、まぁなんとかなった。

  それにしても、渋谷からの銀座線は、まぁそこそこに人が乗っていて、町もそれなりに人はいる。お昼は、馴染みのお蕎麦屋さんが開いてるというので、お蕎麦をいただいたら、帰りがけに使い捨てマスクをくれたりして、ほっこり。

  夜は、知り合いと差しZoomのみだったので、早く家に戻ろうと思ったら、直前に別なテレカンが入ってしまった。さいわいに、ちょっとサングリアをわけてもらいに立ち寄った某お店に立ち寄っていたら、プライベートモードで、カウンターの片隅で飲みながらZoomしてもいいよとのこと。

  それでは、まずはパスタをオーダーとして、お腹も満たしてから、カウンタでZoom飲み。一時間ちょっと、いろいろと公私もろもろの話しをして終了。せっかくなので、プロの味を自粛営業時間のあいだ楽しんでから帰宅。

  やはり、東京は楽しい。


2020-05-26 越境

_ [] 越境

  緊急事態宣言が解除になっても、基本的に県境を超えての移動は控えてねというお達し。でも、さすがに事務所で処理したい仕事もあって、今週は二日間出勤することにした。

  というわけで、夜のあずさ号で立川軽油で武蔵境に戻った。特急は、さすがに空いてるなと思ったけど、立川からの快速は、思ったよりも人が多いし、武蔵境の駅やバスも、そんなに人手が少ないとは思えない状況だった。

  それでも、マスクの装着率は半端なく高い。日本での死亡率の低さは、これといった支配的要因がなくて、こういうことの積み重ねなのだろうか。

  いやー、久し振りに電車にのった感があるわ。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2020年
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30