トップ 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2020-08-09 久しぶりのランデブー

_ [] 久しぶりのランデブー

  炎天下のなか午前中にAliceと長形馬場で一鞍。久しぶりに、気持ちよく、楽しい騎乗。100点満点ではないけど、騎乗していて愛おしさ120%な感覚を満喫。

  ここで、調子こいてあれやこれやを求めると、折角の良い感じが崩れる気がしたので、時間は短かったけど、ネックベントと停止、後退の確認をして終了。なんか、ここ数ヶ月のモヤモヤが晴れ渡ったので、これが続くことを祈る。あまりの嬉しさもあって、午後はジャグ&ビールで乾杯。

画像の説明 画像の説明

2020-08-08 久しぶりのALINCO

_ [MISC] 久しぶりのALINCO

  午前中は、久しぶりにAliceとデート。いろいろと頭でわかってても、体は違うことをしてくれる。でも、まぁとにくか少しずつ。

  午後は、数日前にネットで発注した物が届いたので、早速組み立て。僕は、子供の頃から大学まで、アマチュア無線をかなり楽しんでいた。でっ、どっちかというと、6JS6というテレビ珠が嫌いというのもあって、基本的には八重洲ではなくトリオ派だった。僕が現役でアマチュア無線をガツガツやっていた時代は、ルーフタワーのメーカーとして認識していたらALINCOさんが、その後に仕事でアマチュア無線関係の機器の設計とかやり始めた頃には、無線機も製造販売していた。

  そして、スペクトラム拡散通信をやっていた時には、ここの開発の人とも実験したりした。でも、残念ながらALINCOの製品オーナーにはなったことが無かった。でも、圧倒的な時間を自宅で過ごすようになったので、ちょっと山梨にも新しい機器を設置することにして、いろいろと悩んだのだが、ALINCOの製品をネットで購入してみた。

  本格的な製品と比べると、価格がリーズナブルなぶん、まあそれなりの作りではあるけど、自分で組み立てる要素もあって、微妙に心がくすぐられる。しかも、今時は当たり前なのかもしれないけど、ノートPCやタブレットと一緒に使える。実は、これが一番の選択の理由だったりもする。一応、負荷も八段階切り替えられるというのも、今時なんだろうな。

  というわけで、午後は届いたALINCO のAFB4518をセットアップして、早速試運転してみたら、思ったよりS/Nもよくて使えそうだ。

  これで、東京のジムは解約だな。


2020-08-07 地産地消特典

_ [NPO] 地産地消特典

  今日は、午後から半休とって、Sunnyで一鞍。最近は、基礎練習をしているのだけど、今日はAliceと同じ牝馬で、馬齢も大ベテランではないお姉さま。なんとなくも、そこかしこにお嬢と共通する感覚はあるけど、やはり先輩は違うよね....

  話は変わるけど北杜市では、市民に対して三万円の地域クーポンを配布した。我が家では、義母と長男が北杜市民なので、手続きをすればこのクーポンが貰える。500円と1000円の二種類がありお釣りはもらえない。さらに、A・B・Cの三種類があり、それぞれ使えるお店が異なるのだが、温泉やコンビニなどでも使えるので、実質的には限りなく地域通貨だ。

  僕の家の周りには、日本酒、ウィスキー、ビールの醸造所があって、直販しているとこでも使えるようだけど、残念ながら僕は市民じゃ無い。

  でも、まぁそれはそれで、やはり地元のお酒やビールは、ついつい愛着がある。そんななか、最近僕の周りでもちょっとブームなのは、うちゅうブルーイングというマイクロブルーイングな地ビールがある。ネットでの直販は、なかなかの人気で、すぐに売り切れてしまうので、うちゅう戦争とか言われてる。

  うちゅうさんのビールは、地元のスーパーで販売されているのだが、今日はもう1軒取り扱いをしているお店の情報がHPに出ていた。我が家から車で10分くらいのところのSoifというワイン屋さんということなので、夕方早速出かけみた。表通りから一本裏道に入ったところにある、オサレなお店。ナチュラルワインがメインのようだけど、冷蔵庫にはうちゅうさんのビールや輸入IPAなどあって、なかなかにそそられる。

  とりあえず、飲んだことなのいパッチを四種類ほど購入。ネット販売よりは送料がないのでお得感がある。

  こういう、地産地消系に楽しいものがあるのは、微妙に清里や八ヶ岳の観光地の膝下だからのメリットなんだろうな。

画像の説明 画像の説明

2020-08-06 自治と管理の間

_ [仕事] 自治と管理の間

  今朝は、朝一で畑にいって少し野菜を摘んだのだが、とうもろこしはこの前摘んだ一本目が最高の出来であとはやはり身なりが悪かった。畑から戻って、朝一からは東京都のデータ連携基盤に関する会議。

  しかし、東京都と簡単にいうけど、島嶼部含めてとてつもなく広いし、人口は1300万もいて、それこそデータ関連で話題になるエストニアの十倍だ。だから、外国のスマートシティとか東南アジアの都市型国家とは、結構その地政学的な違いがある。

  だからこそ、全体的最適な話と局所最適な話を分けて議論する必要があるのだが、なんか東京都というだけでコスモポリタンな人が多い。

  大体がデータなんてのは、ルーラルだろうがシティだろうが存在するし、その活用を議論するのにスマートシティという冠をつけることにも、僕は抵抗がある。しかも、標準化とか共通プラットフォームとかいうなら、階層モデルをしっかりと考えて、はじめてモジュール化が出来るのに、なんか総論ばかりで、現状把握を置き去りにする議論は、かつての地域情報化の二の舞になりそうなので、責任持った発言をしないとなと感じた。

  でも、教育委員会も公安委員会も、地方自治というのは、自治権というとても大切な概念の具現化の結果なので、自治論をしっかりとしないとならないと思うのだが、そんな話しは全く出てこない。まぁ、自治に拘れるほど、地方自治体は強く無いんだろうな。あー、学生時代に自治という2文字に拘った僕は、やはり時代遅れなのか。

  その後の某プロジェクトの会議は、もう信じられないような老害的発言に開いた口が塞がらなかった。なんなんだろう、この事実誤認というか事実確認もせずに、GAFAに持ってかれる的被害者意識はとびっくり。

  僕も片足突っ込んでるけど、日本の技術政策は、定年制度をつくるべきだろうな。


2020-08-05 リキュール

_ [MISC] リキュール

  昨日、いつもお世話になっている某プロフェッショナル なバーのマスターに、リキュールとDewar's のボトルラックを頂いたので、今日山梨に戻って早速並べてみた。リキュールって、本当に沢山あるので、うまく使いきれない可能性もあるけど、少しお勉強してみよう。

  ボトルラックは、Dewar's なんだけど、我が家にはDewar's は無い。三本置きとコースータもセットなので、ちょうどあるGlenfarclas三本を並べてみた。でも、この場所だと昼間に直射日光が当たるから、普段はカウンターの下かな。

  なんだかんだ、新型コロナウィルスの感染が振り返してきたので、一旦今日を区切りにして、しばらく東京に行くのを見合わせることにした。そんなわけで、しばらくはリキュール使ったサムシングでも考えてみようかしらん。

画像の説明 画像の説明

2020-08-04 質より数なのか

_ [仕事] 質より数なのか

  中国が進めているスマートシティの国際標準化活動などについて、スマートシティーの国際規格 政府、中国提案に危機感 なんて記事が日経に出てる。

  実は、最近この話が霞ヶ関でかなり騒がれていて、いろいろな動きが活発になりつつある。しかし、この記事にしても、あまりに表層的すぎて、なにを今更というのとなにを騒いでんの感がある。

  もう少し中身を理解して、その影響を精査し、日本としての行動を決めればいいのだが、たくさん出てきたから大変、中国だから反対しなきゃなんていうのは、たぶんなんの成果も期待できない。

  標準化活動における中国の官民での取り組みというのは、ここ数年本当に活発で、かつ戦略的だ。ITU/ISOなどの国・地域単位を中心とする活動と、IEEE/IETF/W3C/3GPPなどの民間を中心とする活動の両方に、全方位的に提案を出してくるし、そのなかでリーダーシップポジションも得ている。そして、国内にシャドウコミッティのようなバーチャルSDOを作って、しっかりと戦術を練っていると感じる。

  ちょうど、僕が議長になったIEEE P3800 Standard for a data-trading system: overview, terminology and reference model は、CTS:Consumer Technology Society (公開情報では、Consumer Electronics Society)の配下で、DFESC: Digital Finance & Economy Standard Committee という 標準化委員会のなかのWGとして設置された。

  このCTSでも、今現在でも80を超える標準化プロジェクトが進行していて、そのほとんどのチェアは、アジア系の名前だったりする。でも、数は多いけどその実態は多くがEntity Methodによる標準化で、これは法人や機関が最低三つあれば標準開発ができるわけだ。

  中国では、かつて無線LANの独自規格WAPIをつくり、輸入障壁としようとして失敗した経緯がある。その後、彼らは自分たちのアイデアをIEEEの場に持ち込んで、標準化活動をする方向になった。例えば、802.11ajは、中国向けに11adを拡張した規格なのだが、この周波数は中国でしか使えない。にもかかわらず、彼ら802.11での正式なプロセスでタスクグループを組成し、802.11のルールに基づいて標準化活動を行った。同様のことは、かつて802.11jという日本向け拡張もあったけど、このようなことをしっかりと組織だって、いまの日本ができるかというと疑問だ。

  実際に、あいも変わらずデジュールとフォーラムなんていう言い方をし、関係者が総合的に両睨みをしていない。このことを僕は毎年のように某関係省庁で訴えてきて、幸いに理解をえて両睨みの戦略をデータ流通に関しては進めている。

  いわゆる民間規格は、民間でなんて言ってる人は、自分の生活のなかにどれだけ民間ベースの標準があふれているかを確認してみるべきだ。しかも、それらは最終的にISOで批准されているのだ。

  中身を知らずに、表層的な数だけで騒ぐのは、まるで連日発表されているPCR検査の陽性者数のようだわ。

画像の説明

2020-08-03 傍聴席

_ [仕事] 傍聴席

  今日の午前中は、とある案件の提案プレゼンをスタッフがするのを傍聴。最近、つくづくスタッフの力量に感心させられることが多い。今日は、質疑応答も、別のスタッフがしっかりとフォローしていて、本当に傍聴席にいるだけだった。

  別なスタッフの仕掛けてる取り組みも、インターンのスタッフも、総じて元気があって嬉しい。やはり、仕事は、レスの速さと乗りだよなぁ。

  今夜、知り合いが接触確認アプリで、陽性者との濃厚接触があったという通知を受けたという話が入ってきた。今のところ、僕の周りで名前と顔が直ぐに一致するくらいの距離感の人で、陽性者はいないし、この通知を受け取った人もはじめてだ。

   しかし、昨今の感染拡大の状況をみると、またすこし出社する日程は調整するほうが良さそうだ。基本は、傍聴モードになるかな。


2020-08-02 もう少し寝かせて

_ [][MISC] もう少し寝かせて

  梅雨明けして、いきなり炎天下な日々。それでも、今日は風があったので木陰は気持ちいい。そんななか、久しぶりにAliceと一鞍。まだまだ、すっきりしないけど、良いとこもあったし、やっぱりお嬢は楽しい。

  せっかくなので、洗ってあげようかと思ったけど、放牧場が乾いてないので、立髪と尻尾だけ梳いてあげて終わり。でも、放牧場に話した途端に泥まみれ。

  今年は、出張がないので久しぶりにちょっと野菜を多めに作っていて、10年振りくらいにとうもろこしやジャガイモも作ってみた。ところが、長雨の影響で、まったく育ちが悪い。しかも、ジャガイモはそもそも植えたタイミングも遅すぎたうえに、連日の雨で土が流れて、惨憺たるものだったので、諦めて摘んでしまった。

  とうもろこし、今朝一本だけ摘んでみたら、それなりの出来だったけど、日照量が少ないから、ちょっと甘みが弱い。こちらは、まああと数日、天気が良い日が続けば、そこそこに甘みも増えるかなと期待して、そのまま様子見。

  それにしても、いきなりの暑さで熱中症になりそうなので、夜は塩分補給でマルガリータ。

  馬も野菜ももう一つ寝かせたほうがいいなぁ....

画像の説明 画像の説明

2020-08-01 チェンジ

_ [] チェンジ

  いろいろと考えるところがあって、自分自身の身の振り方を見直すことにした。というわけで、ちょっと若い娘から距離を置いて、違う相手とデート。まずは、手練手管を知り尽くしたベテランの淑女とステップの確認。そして、今日はなんとジェンダーの壁を超えて、これまたベテランの紳士さんと、男同士の一時。

  雨続きで、馬房にいるお嬢の前を、違うパートナーと通ったけど、きっとなんとも思っていないんだろうな....でも、これもそれも、お嬢とうまくいくためのステップなのだよ。

  この成果がどうなるかは、なんとも言えないけど、良い結果になることを期待している。

   午後は、久しぶりに畑に管理機をいてれ土起こし。しかし、本当にじゃいがいも不作だったなぁ....


2020-07-31 音が降ってきた

_ [MISC] 音が降ってきた

  在宅環境充実作戦の一環で構築したBAR roomの設備で、最後まで悩んでいたのが音環境だった。狭い空間なので、KT-88シングル+ブックシェルフみたいな構成でと思っていたのだが、なかなか踏ん切りがつかなかった。球のアンプにするなら、出口はもう少し頑張ってもいいよなぁ....とかでモヤモヤしてた。

  でも、ソースはどうすんだっけと考えたら、圧倒的にFMとBluetooth音源だ。しかも、FMは、RADICOでいいわけだから、古いiPhoneにソースは集約されることになる。こうなると、「オーディオは、結局のところ入口と出口なんだよ」と、高校生の頃に実家のオーディオシステムの再構築をしろと予算をくれた亡父の言葉を思い出した。

  あの頃の音源は、圧倒的にレコードな訳で、ターンテーブルとカートリッジにそれなりに拘った。古いSPやモノの音源が多かったので、グレイのアームに、モノ専用のカートリッジなんてのを、ダブルアームのターンテーブルの一つにしたりとかした。

  でも、今はとにかくソースは、Bluetoothだし、BGMだしということで、とりあえずBluetoothスピーカーで良いじゃんという結論になった。

  そんなわけで、Bluetoothというかワイヤレススピーカーで調べてたらKEFがやたらとキャンペーンしていたりで、またまた悩ましいわけだ。ところが、まったく別なコンセプトなソニーのマルチファンクションスピーカーにたどり着いた。

  これは、天井のシーリングライトと一体化するモデルで、電源は天井の配線を使い、ソースからのBluetoothで音が飛ぶわけだ。つまり、設置してしまったら、充電もないし、配線もない。レビュー記事によると、音的にはまぁBGMとしては、十分かなという感じだった。

  そんなわけでポチッたのが届いていたので、早速設置してみた。確かに、音としては、低音ズシンみたいな鳴らし方は合わないけど、頭上から広がる音っていうのは、なかなかに面白い。ステレオな音場感みたいなものの再現性は当然ながらないのだが、BGM的には十分に楽しい。

  AmazonエコーとかGoogleHomeと連携させると、いろいろと出来ることも増えるらしいのだが、我が家にはエアコンないし、そもそも盗聴器を置くのは嫌なので、純粋に頭の上から音が降ってくるだけで満足。

画像の説明

この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2020年
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31