トップ 追記

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2017-11-17 システム思考とレイヤーモデル

_ [仕事][電波] システム思考とレイヤーモデル

  今日は、朝から日欧共同研究のレビューミーティング。三年間のプロジェクトの最後の評価ということになる。面白いなと思うのは、評価者も研究者も比較的というか、かなり物理層な人達なのに、テーマ的にはシステム的なことが求められるようなことになっている。ところが、質問も答えも、あまりにシステム的じゃないというか、レイヤーがぐしゃぐしゃで、なかなかに嚙みあわせるのが大変だったりする。

  もし、成果としてシステムとしてパフォーマンスを求めるのであれば、やはりリーダーシップは、システムデザインができないと辛いのかもしれない。本当は、各レイヤーにだって、それぞれシステム的構造は持つので、それなりのスキルだったら、レイヤーに関係なくシステム思考があるはずなんだけど、やはり物理層に近いほど近視眼的になるのかもしれない。

  まぁ、それでもチームのみなさんの努力と強調で、とにもかくにも三年間の研究は、一定の成果を得たと思うし、僕はまぁ本流側ではなかっので、あまり貢献は出来なかったかもしれないけど、それなりに使えるものは提供できたとは思う。

  夜は、久しぶりに山梨に戻る。


2017-11-16 Life work

_ [電波][仕事] Life work

  朝は、データ流通推進協議会の発起人会会合。なんと、発起人会会合だけで、ついに20回目になる。総務省・経産省での議論を受けて、民間の推進団体を立ち上げるために声をかけてから5ヶ月を経て、いよいよ一般社団法人としての登記も終わった。そして、来たる11月27日は、設立総会が開催されることになる。すでに一昨日の日記にも書いたけど、公聴も含めてオープンな参加を呼びかけているので、興味のある人にぜひ入会いただきたい。

  協議会とビジネスミーティングのあと、昨日と同じで狛江の電力中央研究所で、日欧共同プロジェクトのミーティング。夜は、狛江市役所の敷地にるあレストランで懇親会。しかし、昨夜時差ボケの影響で眠れなかったので、早めに離席。狛江から武蔵境までのバスで、爆睡してしまった。

  ところで、今日は正式に、総務省から「公衆無線LANセキュリティ分科会」の開催がアナウンスされた。あいにくと、一部の報道では、なんだか規制強化的な報道があったようだが、これはかなりミスリードだろう。

  無線LANは、僕がMIS(Mobile Internet Services)という公衆無線LANのオペレータを仕掛けてから、もう18年になるが、この間に本当に社会基盤として不動の位置を占めるに至った。例えば、単純に伝送速度も2Mbps/11Mbpsから、今やGbsに近づきつつある。

  しかし、これはMISの時から提唱してきたのだか、無線ならではのセキュリティのの課題は、常に考える重要なテーマとして存在してきた。ただ、セキュリティの話になると、小難しい安心・安全よりもまずは利便性という考えとのバランスが課題になる。

  実際に、日本に限らず世界中で、必ずしもセキュリティ的に安心や安全とは言い難い、無線LANの使い方やサービスはあるが、それらは便利だから良いということで、社会に受け入れられてきた側面は大きい。

  実は、公衆無線LANの環境で、通信内容が盗聴されたりなどの問題は、それなりに発生している。たまたま、2ヶ月前には、WPA2の脆弱性に関するニュースが世界中を駆け巡った。

  一般の人への判りやすさからか、これらの話は、結局のところ無線LANを使う人がよければ良いという話に、帰着しがちだ。ところが、そこに潜むより大きな問題は、公衆無線LANを使って、悪意のある人がインターネットの向こう側にいるさまざまなサービスや機器に対して、攻撃する可能性を提供している点だろう。これについても、他人の家の無線LANを踏み台にした犯罪の事例はいくつもある。

  こういう中で、IEEE802.11やWi-Fi Allianceでは、新しい規格や技術の導入や普及に取り組んでいて、そういう仕組みが取り入れられて製品やサービスも広がりつつある。

  そんなわけで、まぁ最新の技術動向なども連携し、産めや増やせで闇雲に展開してきた公衆無線LANについて、この辺りでしっかりと見直すことは、とても重要だと思う。

  この委員会で、ご一緒する先生の人は、平成9年に四国で調査研究会をした時の座長なので、なんと20年ぶりくらいに、席をならべて仕事をすることになる。

  こうしてみると、無線LANは、僕のLife Workなテーマだなと思う。そして、データ流通ももう一つのLife Workになるだろう。


2017-11-15 ぶらり路線バスの旅

_ [仕事][] ぶらり路線バスの旅

  今日から週末まで、狛江にある電力中央研究所で、日欧共同研究のミーティング。自宅からの路線を調べたら、なんと武蔵境から狛江駅北口までのバスが、そこそこの本数運行されている。途中、調布の駅もとおって、なんだかんだ50分くらいかかる。それでも、中央線で新宿に出て、小田急線でなどよりは、精神的にもコストてきにも近い気がする。まぁ、気分は、ぶらり路線バスの旅状態。

  狛江と聞くと、僕の頭には、多摩川の決壊シーンの岸辺のアルバムの映像とともに、ジャニスイアンの旋律が脳内再生される。とていうわけで、その事をSNSに呟いたら、見事におっさんホイホイだったわ。

  今日と明日は、金曜日のレビューミーティングの前の準備会合なので、午後からは都内に戻って、某方面にデータ流通協議会設立総会の案内。その後、夜は久しぶりに知人と電波政策についての意見交換となった。


2017-11-14 データ流通推進協議会設立総会&シンポジウム

_ [インターネット][仕事] データ流通推進協議会設立総会&シンポジウム

  11月27日に予定のデータ流通推進協議会設立総会&シンポジウムの受付が始まった。いままで、発起人会では、その作業範囲などからはじまって、ロゴの選択などの多くを協議して、決めてきた。

  それでも、まだまだ、出来ていないことがお多くて、かなりバタバタしていて、今日もサンフランシスコからの帰国便のなかで、いろいろと事務局とやりとりをしていた。

  先週のNHKの経済フロントラインの放映の影響もあって、エブリセンスへのユーザー数が少し増えたりもあり、とにかくデータの流通については、いろいろな動きが加速してきている。

  今回は、総会といいながらも、未加入の人にもオープンにして、関係省庁の取り組みもお話いただく予定なので、ぜひ興味のある人は、申し込んでいただきたい。

  夜、羽田に到着してモノレールで浜松町にでたら、明日からの日欧共同研究のミーティングに出る、イギリスの共同研究者とバッタリ。彼は、中国での学会に出てから日本に到着したところとのこと。

  あいにく、僕は明日のテレカンの資料作成などが山積みなので、今日はその場で別れたけど、こんな偶然もあるんだね。


2017-11-13 体は馴染むのか

_ [MISC][] 体は馴染むのか

  昨日から合流したアパートのオーナーのインド人の人と、少しだけ朝時間が重なったので、情報交換。昨日の後輩のプロトコル屋さんも含めて、ちょっと次の展開のチームアップの検討を相談。

  それにしても、土曜日に40mileトレイルしたけど、筋肉痛らしいものがほとんど出ない。先週の日曜日の30mileは、木曜日くらいまで筋肉痛が残っていたのに、まったく不思議だ。

  先週は、久しぶりの騎乗で、その前がちょっと空いていたからなのか、本人がわかっていないだけで、乗り方になにか違いがあったのか、なんとも不思議だ。要するに、体は馴染むということなんだろうか?

  昼過ぎの便で、羽田に移動なのだけど、残念ながら時差ボケだけは、いくら回数をこなしても、馴染まないものだ。


2017-11-12 プロトコル屋

_ [電波][仕事] プロトコル屋

  朝、ヒューストンを出て、順調に昼前にサンノゼに戻る。サンノゼのアパートには、ここのオーナーのインド人の後輩さんが最近滞在している。彼は、某大手で、LTEとか5G系な通信スタックの開発をしていたとのこと。  

  ちょっと、Mobile IPや11aiの話しをしたら、普通にディスカッションできるので、なかなかに楽しい。ベイエリアにいて、米国の大学を卒業した人のご多聞にもれずで、彼も三つも学位を持っているそうだ。アパートをシェアしている、インド人のオーナーさんもそうだけど、頭の回転が早いのには、感心させられることしきりだ。

  夜は、こちらでハード関係の試作などを手伝ってもらっている知人と、当地パートナーと三人で、とある鮨屋で一献。このお店は、初めて連れてきてもらったのだけど、さすがにパートナーがタイミングをみて連れてきてくれただけあって、とても美味しく堪能させてもらいました。

画像の説明 画像の説明

2017-11-11 通信・放送融合まだぁ?

_ [インターネット] 通信・放送融合まだぁ?

  日本時間の本日夜、NHKのBSおよびワールドプレミアムの経済フロントラインという番組で、EverySenseのことが取り上げられ、放映されたのだが、あいにくと出張先にいるために見ることができない。NHKオンデマンドもあるのだが、アメリカからだと会員登録もできないようだ。

  そんな中、SNSとかには、日本やシンガポールで番組を見た人が、画面のキャプチャを貼り付けているので、中途半場にちょいみせされてて、とても気になったりする。

  通信・放送融合って議論は、もう20年くらいやってるけど、実体はこんなもんなのだとも思う。もちろん、期待はしていないけど、FC2とかDaylyなんとかには、もしかしたら動画が上がっていたりするかもしれないけど、そういうのを制度やレガシーな会社が、後追いしながら形にしてくのは、音楽配信などにいくらでも先例がある。

  とはいえ、国をまたぐと、また問題がややこしくなるのだが、それこそインターネットの最初からのテーマだよね。

_ [][] 40miles

  この週末もヒューストンに寄り道して、トレイルの練習。今日は、オーナーが不在だけど、スタッフのエンデュランスライダーと、まずは二人で先週と同じコースの手前部分を往復。一旦、牧場に戻って、ランチライドに参加する二人が合流して、四人・馬で反対側のコースへ。他のランチライドの三人組も合流して、メキシカンレストランでランチ。昼食の話題は、当たり前のごとく馬話で、どこのトレイルがいいななんていう情報交換。

  牧場に戻ったら15:00だったので、もう一乗りということになって、朝と同じコースに、ランチライドを一緒に走ったカップルと、もうひとり牧場のスタッフも参加。今日は、全体的に、かなりの部分を速歩と駆歩だったのだが、カップルのうちの男性は、まだ経験が少ないらしくて、途中でなんどか危ない場面があった。

  僕は、一番後ろで、彼が僕の前だったので、こちらもちょっとヒヤヒヤしていたのだが、最後のセクションで、ついに落馬してしまった。幸いに、怪我などはしなかったようだけど、先週といい今週といい、目の前で落馬されるのが続いてる。僕と走ると落馬するなんていうジンクスにならないと良いんだけど....

  さすがに、ガイドが彼に気を使って、後半はかなりペースダウンしたら、新たに加わったスタッフが、自分の練習もしたかったのか、ぼくと二人で先に行こうと言い出して、途中からは二人でそれなりの速度で練習になった。

  というわけで、今日は、9:00にチェックインして、実質的には9:30から乗り出して、最後は日が落ちた18:00頃に牧場に戻った。途中、1時間半くらい昼食をとったけど、なんだかんだ8時間で40mileくらいの乗ったことになる。ガイドは、朝と昼で馬を変えたのに、僕はずっと同じDancer君だった。彼は、まったく前進気勢も落ちないし、心拍も早く下がるし、脱水気味にならないし、本当にアラビアンは凄いなと感心。


2017-11-10 協力願い

_ [仕事][電波] 協力願い

  IEEE802 Plenary が昼前に終了。ちょうど、空港に行くという知り合いの中国系の仲間を、ついでなので空港まで乗せて行く。今回は、日本で進めてる無線LANの諸々の実験や、これから始まる検討会に向けて、すこし協力のお願いをすることも大きな目的だった。

  大ベテランがこぞって転職した某社や、昔から PassPoint などを仕掛けて来た会社など、大筋で協力いただけることになった。さらには、端末メーカーも、一応それなりの窓口につながりそうなので、概ね予定どおりの展開になりつつある。

  オーランドの空港は、なかり混むと聞いていたのだが、時間が良かったのとTSA Preのおかけで、サクッとセキュリテイを通過できた。ただ、飛行機が小さいので、ゲートで荷物を取り上げられて、チェックインにされてしまった。

  ダラス経由でヒューストンに行くのだが、ダラスの乗り換え時間が1時間なので、ちょっと気が気でなかったのだが、無事ににヒューストンまで運んでくれて一安心。

  しかし、今日の午後の遅い時間には、オーランドの飛行場で、荷物が爆発したらしく、一時的に閉鎖だったり飛行機のキャンセルが出たらしい。あやうく、そんなのに引っかかるとこだった。

_ [仕事][電波] 協力願い

  IEEE802 Plenary が昼前に終了。ちょうど、空港に行くという知り合いの中国系の仲間を、ついでなので空港まで乗せて行く。今回は、日本で進めてる無線LANの諸々の実験や、これから始まる検討会に向けて、すこし協力のお願いをすることも大きな目的だった。

  大ベテランがこぞって転職した某社や、昔から PassPoint などを仕掛けて来た会社など、大筋で協力いただけることになった。さらには、端末メーカーも、一応それなりの窓口につながりそうなので、概ね予定どおりの展開になりつつある。

  オーランドの空港は、なかり混むと聞いていたのだが、時間が良かったのとTSA Preのおかけで、サクッとセキュリテイを通過できた。ただ、飛行機が小さいので、ゲートで荷物を取り上げられて、チェックインにされてしまった。

  ダラス経由でヒューストンに行くのだが、ダラスの乗り換え時間が1時間なので、ちょっと気が気でなかったのだが、無事ににヒューストンまで運んでくれて一安心。

  しかし、今日の午後の遅い時間には、オーランドの飛行場で、荷物が爆発したらしく、一時的に閉鎖だったり飛行機のキャンセルが出たらしい。あやうく、そんなのに引っかかるとこだった。


2017-11-09 安定の麺固め

_ [] 安定の麺固め

  なんだかんだ、オーランドに来てからの昼飯は、花水木に来ること今日で三回目。ここは、2010年に来た時に、白人の綺麗なサーバーのおねぇさんが、麺固め?って聞いてくれたのが最初だった。

  今回も、月曜日に来た時は、Ramen Mondayというこで、ラーメンだけの営業だったのだが、やはりヒスパニック系のサーバーの人に、普通に麺固めが通じて、しっかり麺固めのラーメンを堪能した。

  夜は、夜で月曜日に続いて、今日もJonnie;s Hideawayというレストラン。こちらも、2010年に来た時にDry Agedの肉を食べて、すっかりとりこになった。でも、今日はStoneCrabを食べようということで、シーフドタワーからスタートしたのだが、結局は肉も食べてしまった。

画像の説明

2017-11-08 Charingの妙

_ [仕事] Charingの妙

  参加しているIEEE802.11で、水曜日は恒例のMid-week Plenary。今日は、IMT--2020への寄与の仕方について、とある動議が出された。動議の提案者は、かなりアクティブでタスクグループのオフィサーも務めていたが、ここ数年はあまり参加できてない人だった。

  WGのチェアは、普通にルールに基づいて、アジェンダに彼の発表を入れて、きっちりと動議事項として示し、発表につづいて質疑がそれなりに行われた。ところが、いざ採決(Question Call)となったら、彼が投票権を有していないことがWGチェアから指摘された。このままだと、動議は出せないよというわけだ。

  おいおい、このタイミングでこれ指摘するかよって感じだけど、まぁそこはバイスチェアが発議者になることで、無事に議事は進行した。

  さらに、その後のディベートの時に、フロアーの意見に対して、元の提案者がついつい意見を言いたがるのだが、そのたびにWGチェアがすでにQuetion Callされているから、フロアにしか発言権がないことを指摘して、彼の発言を止めることが何度もあった。

  これらの一連の運営は、まったくチェアが正しいのだが、ある意味なんだか元の発議者が徹底していじられてる感があって、あまりにおかしかった。

  実は、この背景には、この提案がすでにWGやECで決めたことを、ぶり返しする性質だからというのが多分にあったかもしれない。

  それにしても、一連の議事運営をみてると、ああいう時のチェアって、楽しそうだなやっぱしと思ってしまった。

  夜は、Orlandに住んでる友達と、ダウンタウンでディナー。相変わらずおかしなやつだ。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2017年
11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30