トップ 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2018-10-18 ネクタイ

_ [仕事] ネクタイ

  今朝は、データ流通関係で以前にも何度かご意見を伺っていた平井IT担当大臣の就任祝いをと表敬訪問。直前には、IT室の関係者と意見交換。とりあえず、Say Helloくらいかなと思っていたのだが、政策秘書やIT室の関係者も交えて、それなりに突っ込んだレクになった。もともと、データ流通と取引市場の役目などは、過去にも説明させていただいてきたので、一番理解があるのが大臣ご本人だったりする。

  ちょうど、内閣府のSIPというプログラムのSubPDに着任したのだけど、その担当官とも打ち合わせスペースでばったり、しばしそっちの話もできた。

  流石に、大臣室に伺うので、久しぶりに紺ブレ+レジメンタル+フラノ+タッセルという出で立ちにしたら、やっぱ暑い。その後に、インターネット協会の総会と、DTAの運用基準検討委員会があったのだが、会う人会う人にどうしたの? と突っ込まれるのは、なんなんだよ。昔は、いつもこんなの着てたけど、最近はジーンズ、スニカーが多かったからなぁ.....

  夜は、来日中のIEEE-SAのスタッフと打ち合わせ&会食。あっというもにToDoを意識合わせできるのが楽だなと感じた。やはり、英語のほうがものが決まりやすいのかな....


2018-10-17 5G Testing And Field Trials

_ [電波] 5G Testing And Field Trials

  最近は、データ流通なお仕事が多いけど、無線関係の仕事もまだやってます。今日の午前中は、某省のV2X系な検討会の打ち合わせ。前回の会議はリモートで入ったのだけど、正直かなり痛かった内容だった。

  今日は、前回の会議で差し込んだコメントを含めて、次にむけたすり合わせ。どうも、階層的なシステム設計の話が、みんな苦手なんだなと思う。その上、標準化されているものに対する調査も足りなかったりで、いろいろとコメントするところが後をたたない。まぁ、それでも真摯に取り組んでくれている担当者さんがいるので、いろいろと応援しがいはあるな。

  そういえば、去年まで3年間欧州と共同研究していた5G系の研究は、実験の内容をまとめた論文が、IEEE Wireless Communication 2018に5G Testing And Field Trialsの特集で収録されて、その早刷が確認のために送られて来た。IEEEの雑誌に掲載されるのは、なんかとても久しぶりだわ。

  ということで、まだ無線のお仕事もしてるからね...


2018-10-16 Singapore

_ [仕事] Singapore

  今日は、朝からいくつかの来客があったのだが、なかなかに楽しい打ち合わせが多かった。特に某米国の証券市場の話は、なかなかに興味深かった。いまや、証券取引市場の収入って、多様化しているということを再認識した。

  そして、今日の最後は、シンガポール政府の若手官僚御一行様が、データ流通推進協議会に来訪された。これは、シンガポール政府関係機関「CIVIL SERVICE COLLEGE」の研修で、シンガポールの各省庁の若手官僚(日本だと補佐クラス)が35名ほどお見えになった。

  日本と違うなと思うのは、やはり圧倒的に女性比率が高い。そして、きちとん質問の時間に質問してくれる。

  データ流通推進協議会は、これから海外との連携をどうしていくかは、大きな課題で、シンガポールとはこれからもいろいろと連携をすることになるかもしれない。

画像の説明

2018-10-15 Call Question!

_ [インターネット][仕事] Call Question!

  海賊版サイトをめぐるブロッキング問題は、両論併記ではなく報告書自体が承認されなかったようだ。これは、報告書と名のつくモノの重みというか、それを利用しうることに対する警戒があったかもしれない。

  それにしても、なんどもこの日記には書いたことがあるけれど、結局のところ白・黒はっきりさせない、空気を読むタイプの不思議な会議体方式は、もう限界なんではと思わせる事案だった。

  もし、これが構成員の権利と義務が明確になっていて、評決をするタイプだったら、もっとスッキリしたのではと、つくづく思う。日本の審議会とか検討会とかの類は、有識者とかの構成員の選任が密室だし、そのバランスも選任根拠も不明確すぎる。さらには、当たり前のようにどの委員会でも配られる設置要項には、意思決定ルールがないのだから、なかなか物事が決まらないわけだ。

  まぁ、白黒ハッキリさせないことが文化だという人も多いけど、様々なことが多様化した現在に、いつまでもこういう暗黙のUnanimous consent で というのは、限界があるんではないだろうか。僕が、この会議にいたらきっとCall Question!とか叫んじゃってたかもしれない....知らんけど。

  ちょうど、いまも関係する団体では、採決の仕方で一悶着してるけど、こちらもハッキリ言って、日頃からちゃんとルールに基づいた合意形成と、そのための管理をしていれば済む話だ。

  残念ながら、物事が決まってから実は云々とか言い出すのは、一番ずるいと思うのだけど、とにかく火がつかないと何も言わない人は多い。IEEE-SAの運用ルールに、"Don’t be silent if inappropriate topics are discussed … do formally object."というのがあるんだが、まさにこれが必要なはずだ。

  そういうのは、しゃちほこばってるとか、堅苦しいという人は、調和をとっているつもりなのだろうけど、そういう事をいうのは集団無責任体制なんだよね....


2018-10-14 十馬十色

_ [] 十馬十色

  生憎とスッキリしない天気で、午前中はそれなりの雨も。もともと、Alice嬢は口内の怪我もあるので、今日はグラウンドワークだけを予定していたのだが、それも残念ながらお預け。とりあえず、Pooとミルキー嬢のお部屋掃除をして、競技会に向けた荷物の整理をする。

  それにしても、十人十色ならぬ十馬十色で、本当に馬によっていろいろな違いがある。馬房の汚れ方、飼葉の好み、食べ方など、全く違う。まぁ、生き物なんだから、当たり前ではあるけど、そういう違いの一つ一つがわかってくると、それに合わせての付き合い方もあって面白いものだ。

  昼前に家に戻って、午後は某財団の報告資料作成、調べ物の気晴らしにパイを焼いて自宅カフェ。夜、東京に戻ったら、なにやらクライマックスシリーズでの出来事のニュースが入って来た。ちょうど、外苑前の駅を降りたら、ニコニコ側のオレンジな人達がたくさん居た。まぁ、今年のスワローズは、交流戦までは、あまり期待していなかったのだが、後半は良かったし、来年に期待かな。

画像の説明

_ [Health] 闘病シリーズ No.16 放射線治療の副作用

  8週間のIMRTによる放射線治療は、途中一度の休みもなく、月曜から金曜の平日毎日で、39回を無事に7月中旬に終えた。治療中の副作用も、多少あったのだが、おもったほど深刻なものはなかった。

  放射線治療というと、頭髪が抜けるという副作用を思い浮かべる人が多いようで、何人かの人に大丈夫なの的なことを実際に言われたりもした。僕が受けた強度偏重放射線治療(IMRT) は、照射する放射線の強度と形状を複雑に制御して、なるべく患部以外の照射量を抑える方式なので、副作用も少ない。ましてや、僕の場合は前立腺癌なので、頭部に照射するわけではないので、頭髪に対する影響は皆無だ。

  ただし、直腸や膀胱には、一定の照射が避けて通れないので、治療期間の後半は、やはり腸が傷んでるとを感じるようなヒリヒリ感があったりもした。また、膀胱の方も少しいきむ感じがしたり違和感はあった。

  それでも、放射線治療が終わって、1週間くらいで、その違和感もなくなり、深刻な副作用はなかった。....と思ったら、数週間の後に、排尿時に痛みを感じる現象に二度ほど見舞われた。二度とも数日で痛みが消えたのだが、八月の終わりには、再び発生して、この時はかなり痛みがあったので、急遽診察してもらった。結論からいうと、まぁ膀胱炎ということで、痛み止めをもらい、2週間くらいでなんとか治ったけど、これはもしかしたら治療の副作用だったのかもしれない。

  というわけで、放射線治療で頭髪が抜けるというのは、患部がどこかによって違います。


2018-10-13 Aliceの紅茶

_ [][MISC] Aliceの紅茶

  午前中は、長形馬場でPooと一鞍。今日は、馬場内をなるべく同じ場所を通らないように、様々な図形をランダムに描く。それなりに落ち着いて、コミュニケーションができていたので、そのあとは外周を同じペースの速歩で続ける練習。なんとも言えず、安心感のあるのがPooさんだわ。

  午後はAliceを調馬策運動したあと、馬装して丸馬場で練習と思ったらっ、やたら頭絡を受け付けないで反抗する。いろいろとやりながら、よくよく口の中をみたら、歯茎になにやら傷がある。どうやらこれが痛くて、ハミを嫌がってるのかもしれない。ということで、今日は騎乗を中止。しばらく様子をみることにする。ちょっと心配ではあるけど、まぁ食欲もあるので、大丈夫だろう。

  というわけで、Aliceに乗れないかわりに、Aliceの紅茶をゲット。夜は、なんだかすっかり居酒屋メニュになってしまった。というのも、ちょうど読了したみおつくし料理帳にあったあさりの佃煮を作り出したら、なんだかんだ同じような味付け系のおかずとご飯になってしまった。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

2018-10-12 Unanimous

_ [仕事] Unanimous

  今日の午前中は、DTAの委員会で夕方もDTA関係の打ち合わせ。今日の午前中は、技術検討委員会という委員会で、いままで関係者の皆様が尽力されて作成したドキュメントを採決承認した。

  しかし、例によって採決は全会一致異議なしのUnanimous Consentなわけだ。参加者がちゃんと採決内容を理解した上でのUnanimousならいいんだとげ、いわゆる空気での採決感が否めないのが悲しい。

  でも、こういう採決してるものに限って、個人的には反対だったとか、実は納得いってないとかいう輩が出てくるのだ。だったら、きちんと反対とか棄権を投票しろよと言いたいけど、どうもそれをしない。一見、和をもって尊きとなすな美学に見えるけど、なんのことはない自分の意見に責任を持てないだけだろう。

  そういえば、話題のブロッキングだって、議長がちゃんと事務局の作成したドラフトについて、承認可否の採決をすればいいのに、いつまで税金つかって、有識者会議とかいうのをするんだろう...まぁ、採決したくても、採決ルールも採決に対する権利や義務も不明瞭なんだろうけどね。


2018-10-11 地元縁

_ [Health][MISC] 地元縁

  5月から7月まで8週間通った放射線治療で、いつも僕の前に治療を受けていた方と、どちらからともなく挨拶を交わすようになり、待ち時間にいろいろと情報交換をする仲になった。

  彼は、私より11歳年上だけど、とても品のある方で、話をしていても、穏やかだった。若干治療期間が違って、僕より彼のほうが早く治療が終わったので、そのあとに一度病院の近くでお昼をご一緒した。その後も、ショートメールやりとりをさせていただき、お互いに治療後の経過が落ち着いた頃合いとなったので、一献しようということになった。

  たまたま、今日は二人の都合があうということで、僕の古い付き合いの新大塚にある小料理屋を選んで昨日連絡をしたところ、思わぬ返信が来た。なんと、彼は大塚出身で新大塚は懐かしいというのだ。僕も、大塚生まれ、大塚育ちということを伝えて、今日の会食を迎えた。

  お店の奥様も地元なのだ、昔話でとても盛り上がってしまった。このネタがなかったら共通の話題は、癌の治療話なので、周りの人にもちょっと引かれちゃうところかもしれなかったけど、もう次から次へと共通のネタがあって、実に楽しかった。

  彼は、僕の学区域の中学校の出身で、僕はたまたま越境で文京区の中学に行ったので、直接の先輩ではなかったけど、こんな偶然もあるんだなと人の縁の不思議を感じる夜だった。


2018-10-10 密室主義が好きな人

_ [仕事] 密室主義が好きな人

  集団での合意形成は、本当に日本では非合理的だ。会議における議決権の有無、付与条件まで明確にしているのに、特定のリーダーシップだけでの打ち合わせで決めたことをいきなり下達したり、投票権者リストを非開示にしようとしたりするのは、いったいどういう文化なんだか全く理解できない。

  少人数でとりあえずすり合わせとかをすぐやりたがる人は、結局は無責任体質なんではないだろうか?とつくづく疑ってしまう。こういバカな文化が、議事録改ざんとか、都合が悪くなった時に議事録がないという言い訳がまかり通る原因なんだろう。

  こんなことを大人の対応とか宣う輩がいる限り、国際競争力は育めないなと、つくづく悲しくなる夜だった。


2018-10-09 伊豆半島

_ [][仕事]インターオペラビリティなし

  珍しく仕事の打ち合わせで、伊豆箱根鉄道駿豆線の大場に行く。大場って、「おおば」ではなくて「だいば」なんだというのを初めて知った。

  それにしても、品川駅までモバイルスイカで行って、新幹線の切符を買うのにJR東海側の自販機は使えなくて窓口。さらに、JR三島での乗り消えもJRから駿豆線へは、一旦改札を出ないとダメ。

  本当に、JR東と東海のインターオペラビリティはないね....


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2018年
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31