トップ 追記

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2017-02-20 データ流通の幕開け

_ [仕事][インターネット] データ流通時代の幕開け

  今日の午後は、OGCシンポジウム2017データ流通時代の幕開け~データによる価値創造 というシンポジウムに参加し、後半のバネルディスカッションに登壇。登壇者の中には、先週から何度も顔を合わせてる官僚の方もいるけれど、初めてお会いする方が多い。

  特に、パネルの前の基調講演は、なかり個性的な皆様だったのだが、データ流通の重要性に対する共通認識が根底にあり、賛同することばかりだった。パネルディスカッションでも、具体的な事例を含めて、やはりデータって流れてなんぼだよねというのを実感した。

  夜の懇親会には、基調講演をされた国会議員のH先生も、大臣補佐官も顔をだしてくれて、情報流通に対する熱い思いを聞けた。僕は、H先生の名前は随所で聞いていたけど、直接お会いするのは初めて。でも、データ交換市場を手掛けてることは、すでにご存知とのことで、話が早かった。

  それにしても、この日記に、もしかしたら今年がデータ流通元年になるかもしれないと書いたけど、いよいよ本当にそうなりつつある。


2017-02-19 春が来た?

_ [MISC][] 春が来た?

  午前中は、Sunnyの馬場で1鞍。昨日、ちょっと掴めたヒントで、出だしは良かったのに、強風で集中力がなくなったら、もうグダグダ。うーん、なんとか抜けないと....

  午後は、来週末の味噌の仕込みのために、作業場所の草刈り。昼過ぎに、なぜか風がパタリと止んだので、ついでにちょっと横の山裾を探ってみたら、案の定気温が高かったので、今年の初物が出ていたので、少し摘んでみた。

  いつもは、初物は天ぷらなんだけど、他の具材も用意してないし、夕方から東京に戻るしで、サクッと蕗味噌にしてしまう。最近は、日曜日の夕方に東京に戻る時は、夕飯をお弁当にして電車の中で食べている。ということで、さっそくおにぎりに蕗味噌という組み合わせを楽しんだ。

画像の説明 画像の説明

2017-02-18 エレベータピッチ指南

_ [仕事][] エレベータピッチ指南

  早朝に西海岸、東京の関係者と、WEB-exで打ち合わせ。想定していたことだけど、このパートナーさん本当に大丈夫だろうか、もう遥かに危険なところに行ってしまった気がする。

  そのあと、報告書などを書くかたわら、別な西海岸の知り合いとチャット。彼に対して、正面からEverySenseの事を語った事はあまりなかったのだが、とても本質を理解してくれて、応援してくれている。

  いろいろな人に、紹介するときに、彼のオリジナルな1分ピッチをしてくれているそうだ。ということで、どういう風に話してるのか聞いてみたら、なるほどなぁと感心させられることが多々あった。自分の仕事を、賛同してくれる第三者が、どうアピールしてくれているかを聞くことは、とても勉強になる。

  午後から、久しぶりにSunnyの馬場で1鞍。最後のほうで少しだけ、ヒントを掴めた気がするので、明日再確認してみよう。


2017-02-17 Perfumeが最高

_ [仕事][インターネット] Perfumeが最高

  EUとの共同研究のために開発したシステムの検証のため、朝から三鷹にある某研究所で作業。若干の想定外な挙動はあったものの、無事に問題を回避して、予定の機能は実現できた。

  今回の機能の確認では、高精細な映像コンテンツを検証に使ったのたが、画質への影響の検証がなかなかに難しい。4Kのコンテンツのなかで、サッカーの試合、屋外の綺麗な自然の映像などがあるのだが、これらは画像伝達の連続性の確認には、ちよっと向かない。というのも、サッカーの試合映像などでは、もともとリプレイだったりスロー再生などの部分がある。自然映像などもカメラワークが変わったりする部分もあり、連続的な映像変化が確実にないと、瞬間にとまったとしても、それが品質なのか編集なのかわからないのだ。

  というわけで、4k映像のサンプルをいろいろと確認していたら、なんとPerfumeのビデオが最高だということがわかった。Perfumeの映像は、人物だけでなくプロジェクションマッビングによる背景なども、常に連続して動いるし、そのパターンが直線的なので、外乱がとても判りやすいのだ。

  昔、おなじような実験をした時は、帯域を消費して、伝送エラーが判りやすいコンテンツとしては、DVTSだった。ところが、いまの実験では、DVTSの帯域では、まったく目的の評価帯域に至らないので、4kや8kの伝送を使ってみた。ところが、これはこれでストリーミングじゃないので、バッファの関係などもあり、少し悩ましいとこがあるものの、Perfume 様のおかげで満足のいく結果になった。

  というわけで、Perfume 最高です。


2017-02-16 引用

_ [仕事] 引用

  昨日と同じ領域で、少し違う目的のために、某省主催の会議に出席。

  こちらでは、構成員として寄与資料を事前に提出しているのだが、その提出者自らによる資料説明の時間はなし。その代わりに、事務局が各構成員の提出資料から、いくつかのページを引用した資料にもとづいて、論点などを紹介された。

  ということは、当然ながら寄与文章の提出者の言葉ではないし、そもそもそのなかの特定のページだけを、事務局の裁量判断で選択し、かつそれを配置している。

  こういうのは、言うなれば最近話題のキュレーションサイトみたいなことだ。しかも、事前にそれなりに資料提出者に対して、引用して作成した資料を掲示して、了承を得ていない。というわけで、まぁそういうことをする委員会なんだなぁと思い、いささか疑義を感じたことは否定できない。

  こういう資料は、当然ながら切り貼りであり、著者以外がそれを説明するので、はっきりていって用語も不統一だし、論点整理の前提が成り立ちづらくなるので、とても残念だ。

  時間配分的には、事務局が説明する時間を、直接に寄与文章の提出者に割り振ってもも十分と思われた。結局のところ、こ類いの委員会って、シンクタンクが事務局を請け負いしているだげど、そのスキルってかなり重要だなと感じずには居られない会議だった。

  追記:こんなことはあったけど、会議そのものは座長の議事運営によって、闊達な意見交換がされるとともに、主催側の課長の説明も明確で、目指す方向について、一定のイメージが理解できた。


2017-02-15 Normative Text/Word

_ [MISC][仕事] Normative Text/Word

  今日と明日は、立て続けに二つの省で、情報流通に関する会議。会議資料を精査していると、やはり日本語のハイコンテクストであるがための、難しさを痛感する。

  たとえば、今日の会議の資料のなかに、「確固としたルール」と「推奨ルール等」という言葉が出てくる。こうなると、当然ながらその違いはなんだということで、解釈の曖昧さが生じ、議論以前に整理が必要となる。

  僕は、よく日本語のハイコンテクスト性の例で、「明日お会いしましょう」と「明日お逢いしましょう」の使い分けを用いる。日本語だと「会」と「逢」という漢字の使い分けにより、そこに含まれる伝達したい情報は、大きく変わるわけだ。

  一方で、アルファベット24文字の組み合わせでは、残念ながら「Shall we meet tomorrow?」だけでは、そこにこの違いを含ませることはできないので、他の修飾語やセンテンスが必要となる。

  というわけで、IEEEの標準化会議などでは、とにかく曖昧さを排除するためにNormative Textと言われる文章表現を徹底して使うことになる。当然ながら各種の委員会などでは、かなりの時間が、こういう言葉の厳密さに伴う議論となる。この辺りは、ちょうど共謀罪の国会審議などにも見て取れるように、法政議論では当たり前に注力される。もっとも、法律には柔軟な解釈を許すような文言も意図的に含まれ場合もあるようだ。

  そんななか、たとえば審議会下の作業部会などでは、寄与される資料や発表について、やはりその骨格をしっかりと確認し、意見集約と方向性を定める議論が求められるわけだが、今日はこういうことを、参加者の皆様がしっかりと受け取って議論しており、とても建設的で納得のいくものだった。


2017-02-14 ランチ難

_ [MISC] ランチ難

  会社のある外苑前の駅周辺は、お昼にそこそこなお店が少ない。青山通りを渋谷方面に行って、外苑西通りを渡った先だと、裏道にはそれなりにいろいろとあるのだが、駅近辺はちょっとヒットがない。

  そんななか、和なお店で、ランチはボリュームたっぷりな海鮮や魚の定食、夜はそれなりに面白い日本酒を揃えてくれている店が一軒あって、結構気に入ってた。

  ところが、最近になってランチをやめてしまったので、ちょっと残念だなと思っていたら、今日はそこのお店の板長さんから電話があった。なんとなく予感はしたんだけど、彼がお店を離れることになって、たぶんお店も閉じるらしい。

  何かのきっかけで、名前を覚えてもらって、たまに行くといろいろと気を使って、珍しいお酒を飲ませてくれたりしたお店なので、ちょっと残念だ。

  最近、どうもランチをやめてしまうお店が続いていて、外苑前あたりはちょっとランチ難になってきたので、また開拓しないとならない。


2017-02-13 Morning Moon

_ [][MISC] Morning Moon

  日が長くなったので、朝山梨の家を出る6時位でも、しっかりと明るくなった。今日は、南アルプスの上に月がしっかりと出ていた。モーニングムーンは、縁起が悪いなんていうのを聞いたことがあるのだが、果たして本当なんだろうか。

  そういえば、Mornig Moonなんて言葉、いったいいつ覚えたんだろうとふと気になった。もう随分昔に、桑田佳祐が「モーニングムーンは粗雑に」っていう映画を作って、たしか自主上映系での興行だったのて、ヤマハホールだか山野ホールだかで見たのだが、あの時にはすでに知ってた気がする。

  Moon RiverとかPaper Moonだったら、すぐにオードリーやティタムオニールの顔が浮かぶけど、Morning Moonで桑田佳祐や高木澪(主役だった)の顔は出てこないし。

  でっ、なにげにMorning Moonって、ググったらチャゲアスの方が沢山ヒットしたけど、これもこの映画より後だよな... とどうでも良いことの知識の源に悩んでしまった。

  ちなみに、レベッカのMoonは、好きだったな... どうでもいいけど。

画像の説明

2017-02-12 晴天なのに引きこもり

_ [MISC] 晴天なのに引きこもり

  昨日も今日も、風は強いけど、その分雲もなく晴天なのに、先日の雪が残っている関係から、今日も騎乗できないという残念な週末。

  せっかくなので、久しぶりに朝寝坊をして、ブランチがてら大泉のアフガンに行く。昼よりも少し早めだったし、一人だったのでサクッと一巡目に入れた。以前ここの名物だったショルダーベーコンのベーコンエッグカレーが数量限定で復活しているので、久しぶりにこれを堪能。相変わらずのボリューム感とコクのあるカレーに満足。なぜか、海外出張から帰ってきて食べたいのものに、蕎麦、鮨と並んで、ラーメンとカレーがあるんだけど、そんな欲求をとりあえず満たせた。

  帰りに高根の雑貨&カフェというお店を開拓して、ミルクコーヒーで温まったあと、韮崎まで移動して散髪。午後は、来週の会議のスライドの修正追記で夕方まで一仕事。

  温泉も夕飯前に入ってきたので、夜は久しぶりに部屋飲み。夏前に知り合いがスコットランドで買ってきてくれたABERLOURは、かなりお気に入りだったのだが、なんと同じものがSydneyの免税店で売っていたので、すかざす買ってしまった。Cask Stringsなんで当たり前なのかもしれないけど、Batch No.も一緒だった。 ということで、これであまりチビチビ飲まなくても良いことになった。

  この週末は、晴天なのに引きこもり気味で、ちょっと張ってる私は、来週末までに馬場のコンディションが良くなることを夢見て、ベッドに入ってからこれを飲みながら就寝。

画像の説明

2017-02-11 早着

_ [] 早着

  予定より30分以上早く、4時半ちょっとに羽田に到着。荷物も機内持ち込みだけなので、さくっと入国したのは良いけど、バスも電車も始発にはまだ早い。以前は、航空会社のラウンジがあったので、シャワーを浴びて、朝食をとって時間の調整が出来たのだけど、それがないのが辛い。シャワーラウンジもあるのだが、この時間帯はいろんな便の到着ラッシュで、満室て使えない。

  結局、モノレールの始発まで待って移動。この時間だと、山梨に帰るにしても、新宿て一時間以上待つことになるので、一旦東京の家に帰ることにした。それでも、最寄駅からのバスもまだないので、冷え込む中をスーツケースを引きながら歩いて帰宅。

  まずは、味噌汁とお新香で簡単な朝食を食べて、一風呂浴びて着替え。その後、甲府行きの特急をしらべたら、さすがに最初の数本は満席。昼に甲府に到着のかいじ号が空いてたので、比較的ゆっくりと山梨に戻った。

  明日は、久しぶりに相方と馬場で...と思ったら、残雪でどうも無理みたい。ということで、今日は温泉で旅の疲れを癒して、早めに就寝しよう。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2017年
2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28