トップ 追記

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2017-09-21 お彼岸@青山

_ [MISC] お彼岸@青山

  午前中は、データ流通推進協議会の発起人会のテレカンに自宅から参加。テレカンも朝の9時からだと、なかなか難しいのかスタートがいつも遅れる。IEEEとかWi-Fiとか、外国とのテレカンは、朝6:00とか深夜24:00とか普通なんで、あまり気にしてなかったのだけど、やはり国内向けの場合考えないとダメか....

  午後に取引先に行くまえに、お彼岸なので小石川で墓参り。これで、季節もやっと秋らしくなるのか。

  夕方、外苑前にもどったら、袈裟をきたお坊さんがちらほら。うーんなんでと思ったけど、この付近はお寺も多くて、お彼岸だからなのね。いままで、あまり意識してなかったけど、確かに青山霊園のお膝元だったわ。


2017-09-20 水に乗る?

_ [MISC] 水に乗る?

  某バーでお隣になった方達は、水泳のマスターズなどに出られているスイマー。たまたま、話の流れで、馬に乗る時の体幹とか馬の動きと自分の動きみたいな話から、水と水泳選手の動きというのも一緒だという話で盛り上がった。

  曰く、この皆様は、水というものと共存というか協調して泳いでいくようで、水に乗るって感じらしい。

  それにしても、マスターズに出場されているといっても、とても若くみえる。というわけで、年齢当てで負けてしまったので、お味噌をこんどプレゼントすることになった。


2017-09-19 イタリアン スケジュール

_ [仕事][インターネット] イタリアン スケジュール

  某省からの要請で、来週の月曜日にイタリアで開催されるG7関係のInnovation 7という会合に行くことになった。G7と同時に民間人による会合をして、その結果をG7に上程することらしい。

  というわけで、今朝は内閣府でこのミッションの代表となる先生と、外務省の担当官の方と顔合わせ。しかし、ロジについてもアジェンダについても、未定なことが多すぎで、本当に大丈夫なのだろうか?

  一応、大臣級会合なイベントなのに、主催側のイタリアさんは、なんだかイタリアン感覚なロジというかアレンジのようで、???だらけだ。どうせ、日本は国会の召集だ解散だなので、大臣は行かないで副大臣クラスなんだろうけど、同行する省庁の担当さんは、みなさんご苦労されてるみたいだ。全く....先が思いやられる。

  午後は、こういう事のない、キッチリ系な日本の新幹線で、大阪の堺にある某社の本社へ。新しい部門の上席の方とお会いしたのだけど、その部下の方は、なんと20年くらい前に同社に入社して、新入社員の頃に僕とお会いしてたことがあるとのこと。当時、名刺交換させていただいたRoot,Inc.の名刺を持っておられて、見せてくれたのでびっくり。こんなこともあるんだなぁ....

  打ち合わせの後、再び新幹線で東京へ。今日は、昼も夜も駅弁なんだど、Face Bookに新幹線にのったらどこでお弁当を開けるかという話しを振ったら、かなりの反応でびっくり。でも、みんなやることは一緒なんだね....


2017-09-18 コードで話してよ

_ [仕事][MISC][インターネット] コードで話してよ

  不倫にしても、解散にしても、まぁ面白いくらい論客的な方々のポジショントークがネットで楽しめる。当たり前といえば当たり前だけど、結局のところ自分が是とする人の事は寛容で、そうでない場合には叩く。つまるところ、理屈を沢山並べてるけど、要する主観的なご都合主義であって、論理的な合理性に欠ける感が否めない人が多い。「それでもいい、人間だから.....みつお」的なわけだ。

  でっ、ふと思ったんだけど、発言や記事を、なんからの形でコードに置換できたら面白い。

  ある事象1に対する発言を、まずコード1にしてしまう。次に、同じような事例が発生した時に、その事象2に対する発言をコード2にする。

  もし、物事に対してブレのない発言ならば、コード1とコード2が同じになるか、違うコードだとしても事象1と事象2という入力をひっくり返しても同じ結果になるはずだ。

  ご都合主義の場合、事象1と事象2で結果が異なるので、なんからの評価基準が異なるか、別な要素が入り込んでわけだ。

  というわけで、自然言語をコードに分析してしまう仕組みって、そろそろ誰か作ってたりしませんかね?

  


2017-09-17 Upright position

_ [][仕事] Upright position

  朝7時ちょっとにホノルル空港に送ってもらい、成田便に予定通り登場。昨夜ぐっすり寝たので、ラウンジで原稿執筆を開始。搭乗後も水平飛行になると同時に、テーブルだして我ながら呆れるように、怒涛の執筆。幸いに機内Wi-Fiサービスもそこそこに使える。

  というわけで、食事以外の時間はは、ひたすら執筆。気が付いたら、一度もシートを倒さないうちに、到着に向けたシートベルト着用アナウンス.....

  あー、なにというわけじゃいけど、ちょっと損した気分....


2017-09-16 Oahu

_ [] Oahu

  オアフ島にトランジット以外で滞在するのは、とても久しぶり。しかも、過去の滞在も、仕事打ち合わせくらいなので、まったく地の利がない。それでも、今回はこちらに滞在している同僚の家に泊めていただいたので、早朝に島の北側にあるTurtle Bayまで送ってもらって、1時間の朝ラン。

  ガイドのお姉さんと二人でのランデブーライドなので、途中でキャンターやトロットしながら、しっかり小一時間海沿いのトレイルを楽しんだ。スタートが早かったので、同僚が待っているホテルのカフェに戻ったら、やっと宿泊している人たちが活動しはじめたくらいで、なんだか1日のスタートを得した気分。

  その後、一旦同僚のコンドに戻って、打ち合わせしながら軽いお昼をとって、午後に近くのモールで買い物。久しぶりにハワイ在住(といっても、かれも単身赴任で日本に多くの時間はいる)の知人と再開。かなりスーバーマンな彼は、データセンタの仕事もまだしているとのことで、相変わらずその多彩さに驚く。

  夜はコンド近くのレストランで食事をして、溜まってる、原稿がまだ校了しないので、あしたの帰国便でしっかり作業するつもりで、今日は早めに就寝する。’

画像の説明 画像の説明

2017-09-15 Run Forest Run

_ [仕事][] Run Forest Run

  朝のIEEE802.11 Closing Plenaryで一週間のセッションが終了。レイトチェックアウトできるので、ギリギリまで部屋で原稿書きをして、空港でレンタカーを返却。そのあと、夜便で東海岸に帰る知人の車で、コナの海沿いのBubba Gump Shrimpでランチ。ここのShrimp cocktail のグラスは、氷を入れたグラスと、真ん中のソースの部分が、ステンレスの金具で、セパレートとされていてなかなかいい。チョコレートボックスは、中を開けるまでわからないけど、これは外からみても、ソースも氷も一目瞭然。

  夕方の便でホノルルに移動して、ホノルルの空港からは、Uberで同僚の住むコンドに。アラモアナショッピングモールのすぐ近く高層の部屋から、ちょうどワイキキのヒルトンの花火や夜景も見えて、なかなかに素敵な部屋だ。

  彼は、日本に単身でいるけど、奥様と娘さんはこちらに住んでいて、なかなかタイミングが合わなかったのだけど、今回は彼がちょうど今日からホノルルに来ていたので、泊めていただくことにした。

  彼と知り合ったのは、もう20年くらい前で、Root,Inc.やMISの仕事で用お付き合いいただいた。互いに違う会社の経営者だったけど、昨年から一緒に仕事をするようになったわけで、まさにForest Gump的に一期一会なご縁だ。

  

画像の説明 画像の説明

2017-09-14 Sunset Ride

_ [][] Sunset Ride

  IEEE802.11のInterimは、今日の午前でセッションの大方が終了。以前と違っ、木曜日夜のCACミーティングに参加することがなくなったので、夕方からPaniolo AdventureでSunset Ride.

  ここは、前に何度か来ていて、本当は明日の移動前にがっつりと思ったのだけど、予約で一杯ということだった。たまたま、昨日予定を考えて聞いてみたら、今日のSunsetはOKというので、はじてめSunset Rideに来てみた。

  ガイドを入れて5人・馬で、のんびりと遠くにマウイ島を見ながらトレイルしている間に、すこしずつ日が傾いて、クラブハウスに戻る時には、綺麗な夕陽が広がった。

  せっかくなので、夕陽を背景にシャッターを切ったけど、とうぜん自分は写らない。でも、逆光だからいいか。

画像の説明 画像の説明

2017-09-13 密室と根回し

_ [仕事] 密室と根回し

  データ流通のための民間団体の設立に向けて、発起人会での議論を進めていて、今日の午後はそのテレカン。参加者の各企業の積極的な協力で、さまざまなことが回を重ねる毎に決まりつつある。

  当初は、馴染みのなかったロバートズルール的な議事、採決による意思決定も、参加者の皆様が慣れてきたこともあり、要所要所で曖昧さを排除した意思決定がされつつるあことも頼もしい。

  ところで、某ファーストな会派では、幹部人事が密室で決められたとかで、騒がしいようだが、複数の人で何かを決めるには時として密室的な協議も必要なことがあるとは思う。

  重要なのは、密室での協議なのか決議なのかの差ではないかなとも思う。いわゆる根回しというやつで、たぶんなんでもかんでも平場で一から議論していたら、議論が拡散してしまうことは想像に易い。

  かといって、特定の人だけで何かを決めて、神の声的に決定事項を振りかざすのでは、参加者のモチベーションを損なう。

  国会の報道なんてみてると、"十分な審議がなされていない"とか" 数の暴挙"とか"強行採決"なんて言葉がよく使われるけど、この辺りは意思決定とか議事運営などに対するリテラシーというかコモンセンスを醸成することか必要かなと思う。

  前にもこの日記に書いたけど、僕が小学校の頃は、議事運営の練習とかを道徳だかの時間にあったんだけどなぁ....

  というわけで、今日の夜は、参加してる知り合いの部屋で、ローカルブリューワリーなビールについて、密室で根回し。


2017-09-12 夏の扉あいてるんだけどね....

_ [仕事][電波][インターネット] 夏の扉あいてるんだけどね....

  参加しているIEEE802.11のインターリム会合では、二日目の火曜日の朝一番は、WNG(Wireless Next Generation)という新しい提案をうける委員会が行われる。昨年に標準化の完了した802.11aiも、いまから7年前くらいに、このWNGで何度も提案をして、ようやく認知されてStudyGroupの承認がされことを思い出す。

  そんなWNGで、今回は僕と元同僚の二人が、前回のベルリン会合に続いて提案発表。まだまだ、コンセンサスを得るには遠い道のりだけど、このオーソドックスな正面突破をすることが重要だったりする。そんなわけで、今回もこの朝の会議が、ある意味集中力のピークなわけだ。

  結果的に、万々歳というわけではないけど、それなりの反応をもって、今朝の会議を切り抜けたので、あとはひたすらハワイの風に浸る。といっても会議には出席しなきゃいけないし、テレカンはあるし、溜まってる書き物仕事はあるしで、潮騒を遠くに聞きながら部屋で仕事。

  せっかく、白いパラソルと青い珊瑚礁の見える渚のバルコニーで、夏の扉をあけて待っていても、天使のウィンクで裸足の季節を駆け抜ける小麦色のマーメイドはいないくて、セイシェルの夕陽が落ちてくだけだったりする。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2017年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30