トップ 追記

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2017-10-21 ペース配分

_ [] ペース配分

  今朝は、雨も止んでいたけど午後から再び崩れるというので、降り出す前にいつものコースで練習。本当は、来週が競技会なので、今日は外にいく予定はなかったのだけど、競技会が中止になったこともあるので、11kmを一本。

  連日の雨で、かなり馬は張ってるだろうし、この前の落鉄のこともあるしで、どうしても様子見的に抑えたペースになる。とくに、足元の悪いところは、しっかりと並み足に落とすことを心がけてみた。そのぶん、足元の良いところは、それなりに歩度を伸ばして速歩の速度を上げてみる。それでも、僕自身がやはり11km/h程度に慣れきっているためか、平均速度はあまり上がらない。

  コース全体で、どこでどのくらいの速度でというのを、うまく組み立てることが重要なのだろう。でも、いつも練習しているコースならいいけど、競技会ではじめて行くようなコースだと、コース図とかから判断するしかないのので、それはそれで悩ましいな...

  さすがに、今日は落鉄もないので、心拍が落ち着くもの早かったし、張り気味とはいえ、抑えるとこはしっかり我慢してくれたので、自分なりにマァマァ納得して終了。

  午後からは、車で東京に移動して、点検のためにディーラーに入庫。ちょっと、早すぎるけどタイヤの交換もついでにしてもらうことにした。

画像の説明 画像の説明

2017-10-20 出向

_ [仕事] 出向

  仕事柄おつきあいの多い霞ヶ関や、昔の三公社五現業な会社とかには、それなりの比率で出向という形態で働いてる人が多い。表立って出向元を名乗ってはいけないルールがあるところもあるし、かなりオープンなところもある。

  霞ヶ関の場合には、民間からの出向者は、その任期とか同じ会社から同じ部署へ出向の受け入れなどは、いろいろと制約があったりする。こういう出向という存在は、仕事で普段付き合いがある人には、それなりに知れ渡ってることだけど、新聞や雑誌など含めてメデイアでそういう話にお目にかかることは少ない。

  報道などで、xxx省の職員は、zzz社からの出向者で、云々なんていうのは、内容の良し悪しに関わらず、ほとんどお目にかかったことがない。まぁ、こんなの一歩間違ったら、やれ癒着だとかお友達優遇だとか、あらぬ騒ぎのネタにされることが多いと思うのだが、そういうのもない。

  ということは、早い話が大手メディアも、保守系も野党系も、あまねく広くみんながその存在を認めていて、かつ積極的に開示することではないという慣例がある文化なのかもしれない。

  でっ、ふと思ったんだけど、こういうのって外国ではどうなんだろうか....辞書を引いたら、Seconded とかloan みたない用語はあるので、やはりあるんだろうか、こんど誰かに聞いてみよう。

  さて、話はコロッと変わって、今日の夕方新宿からかいじ号で帰宅する時に、夕飯に駅弁屋を覗いたら、復刻版のチキン弁当といのを売っていた。これは、二段重ねの重箱スタイルで、スライスしたマッシュルーム がチキンライスにのせてあるのと、唐揚げと一緒にポテトチップスがついてる。

  なかに、ちょっとしたパンフレットが入っていて、それによると東海道新幹線開業の時に販売開始になって、十年後には、二段重ねから今の横置き型に変わたとある。僕は、小学校の頃、これがとても好きで、新幹線に乗るといつもこれを食べてたのを思い出す。いまでも、たまに食べたくなって買うけど、この二段重ねは、なんだかやはりワクワクする。

  二段重ねで下が見えないのより、横型でオープンなのが、いまの時代にマッチしているのかな。

画像の説明

2017-10-19 ネーミング問題

_ [仕事] ネーミング問題

  内閣官房のIT室や総務省、経産省の委員会などで、情報銀行とか情報信託という言葉が、いろいろと使われてるのだが、どうも今ひとつ混乱しているようにおもう。

  個人情報を個人からの委託により預かって、それほ運用して、便宜を個人に戻すというのは、明らかに信託による行為だと思う。しかし、そもそも、自らが提供するサービスのために個人情報を受け取るのは、信託ではないだろう。

  たとえば、ポイントカードのように、カード利用サービスに登録した人がその登録したサービス会社からポイントを還元されるのは、利用者とサービス会社の直接的な取引だし、それを期待して登録=情報提供をしているのだろう。

  では、このサービス会社が自ら与えるサービスではなくて、情報そのものを第三者に提供して、なんらかの利益を得る場合を考えてみる。ここで、登録する利用者がその利益配分を期待して、登録ないし合意していたら、それは信託になる。

  でも、その利益配分を前提とせず、サービス会社が自らの営利目的で情報を利活用することを合意していたら、それを情報信託とか情報銀行とか呼ぶのはちょっと違和感がある。

  というわけで、個人情報の取り扱いの包括合意については、やはり合意の前提とその運用に適したネーミングを考えないとならないかと、つくづく思う1日だった。


2017-10-18 走れない.....

_ [] 走れない.....

  今月末に長野の飯綱高原で開催予定だったエンデュランスの競技会が、主催者の都合で中止になってしまった。資格取得に必要な完走や筆記試験などを、いくつか通過して、やっと60kmの競技に出れることになり、そのデビュー戦だったので、とても残念だ。

  また、クラブのメンバーもクルーで参加してくれる人が沢山いたので、急な予定変更になってしまい、なんだか申し訳ない。

  というわけで、まぁリカバリープランを検討して、ちょっと先だけど12月の伊豆の大会のトレーニングライドに出場することにした。

  まぁ、気持ちを切り替えて、また一から調整だわ。


2017-10-17 UseCasetから

_ [仕事] UseCasetから

  標準化のディスカッションでは、最初にまずUse Case Scenarioを示して、その実現で解決すべき課題を明確にする。つまり、それができたら何が嬉しいのかが、まず最初の議論になる。

  ところが、IoTな話しを国内でしていると、どうしてもまずセンサーなり通信方式なりありきの議論になる。こんなセンサーがあるのでなにかできないとか、こういう通信方式を使ってこんなこととをしたいみたいな話だ。

  そこで出てくる事例は、突き詰めていくと別にそのセンサーやその通信じゃなくてもいいよねっていうそもそも論に陥ることが多い。

  ようするには、目的と手段がひっくりかえたりするわけだ。まぁ、技術オタの場合には、手段のために目的選ばないことはよくあるし、僕もその一人だ。

  でも、ビジネスの議論とかでは、やはり目的で手段を選ぶ話しにしたいのだけど、どうもここがスッキリしない打ち合わせが最近多い....

  まるで、いまの政局のようだわ。


2017-10-16 無線LAN危険らしい 知らんけど...

_ [電波][インターネット] 無線LAN危険らしい 知らんけど...

  今日は、無線LANのWPA2の脆弱性問題で、朝からいろいろと賑やかだった。それにしても、その第一報にたいする条件反射みたないネットの書き込みは、なかなかに考えさせられるものがあった。

  正直いって、あまりに情報の少ない初期の情報だけで、"後続の規格がない"とか、"ハードを全部変えなきゃだめー"とか、まぁびっくりするくらい短絡的な反応がたくさんあって、パニックというのは、こうやって広がっていくのだなと観察できた。

  結局のところ、昼過ぎには元の論文も公開されて、それなりに詳しい人もざくっと読んでコメントし始めるし、Wi-Fi Allianceも正式なコメントを出して、Open source系も対策パッチがリリースされた。

  基本的には、MIM(Man in the Middle)といって、悪意のある偽基地局が端末と正規の基地局の間に入って、接続手順(プロトコル)の途中で特定の処理を操作した時に、端末がとるべき反応が不適切な場合に生じる問題だ。

  問題は、こういう手順は、標準規格であるIEEE802.11で規定してるのだが、規格の解釈によって実装が異なったり、規格に明確に書かれていない部分があったりして、実装によって望ましくない挙動があることだ。

  だから、規格をつくる側の仕事をしている人たちは、曖昧さを排除する努力を続けているのだが、それでも完璧ではないので、こういう部分はでてくる。

  IEEE802やWi-Fiで活動している仲間からの複数の情報をみると、まぁ問題は、論文発表前にそれなりに関係者には伝わっていて、パッチや対策の実装と検証がそれなりに準備されていたので、速やかなリリースがされたようだ。

  それにつけても、それなりにネットでご高説を垂れてる専門家的な人でも、最初の一報で、かなり断定的というか深読みした発言をしていたのをみると、こういう人は、要するに浅慮なタイプなんだなという、自分なりの基準ができたのはありがたい。

  なかには、この騒ぎに乗じで、自社製品なら大丈夫的な展開をしてる人もいて、シロアリ商法というか火事場泥棒というか、もう呆れてしまった。

  まぁ、ネットの書き込みは、反応速度が早いということにも価値があるのだろうから、なんでも熟考に熟考を重ねてとはいかないだろうけど、だったらあまり断定的なことは書かなきゃいいのにとも思うわけだ。

  というわけで、まぁ僕は関西人じゃないけど、こういう時には、最後に「知らんけど」をつけるのが重要だなと思うわけだ。

  ところで、技術的な話、今回のは原理的には、有線でもMIMができれば起こるわけだから、

「おおお、有線LANも危険らしいぞ、使ってる人は直ぐにLANの線抜かないとヤバイらしい......知らんけど」

  とでも、書いておくか。


2017-10-15 投票の本人確認

_ [MISC] 投票の本人確認

  今日は、父の三十七回忌と母の三回忌の法要のため、昼間は小石川のお寺に出かけた。ちょうど帰路の途中に市役所があるので、不在者投票をすることにした。

  ところが、もともと今日の予定ではなかった。でっ、入場票を持参していなかったので、投票所でその旨を告げる。はじめてなので、そのプロセスが気になっていたのだが、かなりあっさりしている。

  まず、不在者投票と同じで、宛名面が白紙の入場票用紙をもらい、そこに氏名を記入。そのあと、裏面に不在者投票に必要な内容(氏名、生年月日、住所、理由)を記載。そして、本人確認ができる書類ということで、自動車の運転免許証を掲示すると、担当の人が記載した氏名と照合確認をして、すぐに免許証は変換され、とくにコピーなどを取ることはない。

  あとは、通常の不在者投票と同じで、記入した票をもとにコンピュータで確認して、氏名を口頭で呼ばれて、投票用紙をもらうという手順だ。

  うーん、これでいいのならば、投票のために入場票の郵送という手順は、投票者の所在確認のような機能を期待されていないことがわかる。結局のところ、投票日や投票場所の告知という機能がメインのようだ。

  しかし、入場票を持参するときには、本人確認などしていないから、投票に関しては厳密な本人確認というのは、されていないわけだ。選挙の投票って、こんなものなのね。

  ちょうど、出口調査のメディアがいたけど、僕には聞いてくれなかった...残念。


2017-10-14 晴騎雨読

_ [仕事] 晴騎雨読

  朝には少し小降りになったものの、馬場のコンディションも悪いので、今日の騎乗はなし。それでも、先週の落鉄の影響がきになるので、Sunnyに様子伺いに。すでに装蹄はしてもらって、そのあと馬場でのゲスト騎乗もあったようで、足の方も問題なということで一安心。

  というわけで、とりあえず不安が解消できたので、散髪して午後は、原稿の校閲と某プロジェクトの書類レビューをして、早めの特急で東京に戻る。

  今日は、急激な気温の低下と雨なのに、秋のシーズンということで、特急も高速も天気が悪くてもそこそこに混んでる。できれば、月末の競技会までには、天気も落ち着いてくれればいいのだが...、そうなると道が混むのが頭が痛いな。

  


2017-10-13 プロの視線

_ [仕事] プロの視線

  今日の夕方からは、東京大学のシステム創成学専攻の大澤先生の研究室で、データ市場によるスポーツイノベーション(コーチ編)と題して、アイデア出しのワークショップ。

  研究室の学生さんだけでなく、サッカー、テニス、ラグビーなどの専門の指導者の方々も参加して、スポーツで求められるニーズに、センサーなどで収集する様々なデータでどう解決できるかというアイデア出しまで行う。

  面白いのは、プロのコーチから聞く、スポーツの様々な話しだった。とにかく、僕の想像を遥かに超える深いデータに基づいた理論的な分析が戦略の基本になっているのに驚かされた。

  いづれにしても、対戦するスポーツでは、相手の行動や心理を読めたらというニーズがあるんだけど、これって僕らが馬の気持ちが読めたらっていうのと一緒なわけだ。でも、相手の心理が読めても、そこに的確に攻め入る技術がないとだめなのと一緒で、馬の声や気持ちがわかっても、それに対応できる技術はいるんだよね。

  考えたら、声に出してくれる人間相手でも、コミュニケーションが万全ではないんだから当然か....

画像の説明

2017-10-12 頭痛薬の選び方

_ [MISC] 頭痛薬の選び方

  僕には珍しいことなんだけど、朝から頭痛がひどくて、体調も今ひとつ。さすがに、我慢できなくて近くの薬局に頭痛薬を買いにいった。頭痛薬なんて、家とか会社で、誰かが買って置いてあるのを貰うことがあっても、自分で薬局で購入することは、まずなかった。

  そんなわけで、薬屋さんの頭痛薬の棚を見るのは、ものすごーく新鮮で、その種類の多さに唖然としてしまった。しかも、各社とも同じブランドに、いくつものバリエーションがあって、価格もかなりピンキリだ。

  眠くならないとか、即効性が高いとかが差別化要因なんだろうけど、頭痛薬なんて飲み比べして選ぶわけにもいかない。そんなわけで、どれにして良いか全く判断基準がなくて、さてさてどうしようかと思って、棚の前でしばらく固まってしまった。

  結局のところ、篠原涼子さん、貫地谷しほりさん、ローラさん、本田翼さんの写真を見て選ぶことにした。誰が好みかは、秘密。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2017年
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31