トップ «前の日記(2017-04-30) 最新 次の日記(2017-05-02)» 編集

Mano Blog

MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2017-05-01 野良さん

_ [MISC] 野良さん

  土曜日に山梨の家でちょっと困ったことが発生した。たまに、見かけるの野良猫さんが、我が家の軒下のあたりから飛び出してきた。落ち葉が溜まってるだけで、何もない所なので、なんでそんなとこに居たのかと思って、あとで確認したら、なんと10cmくらの目もあいていない子猫が二匹、落ち葉の穴の中にいる。

  我が家では、餌付けはしていないのだが、普段人もいないし、軒下で雨風も凌げるし、落ち葉が沢山あって暖かいし、カラスなどにも見つかりにくいしということで、勝手に営巣して出産したようだ。

  親は三毛猫で、どこかに一瞬逃げたのだけど、しばらくすると戻ってきていた。子猫は、二匹とも白黒で、裏山のところで、たまに見かける白黒の野良さんが父親なんだろう。

  さしあたって、こちらは餌もあげないけど、脅かしたり、追い出したりしていないので、どこかに行っても、しばらくするちゃんと戻ってきて、子育てをしている。

  さてさて、これはどうしたものかと思って、ネットで調べたら、野良で餌付けしていない場合には、結局のところ離乳するまでは、様子見ながら放置するしかないらしい。市役所などでは、どうも特段の対処もしてくれないらしい。

  というわけで、週末は困ったなぁ....とひたすら思っていたのだが、今朝出社して、我が社の猫好きな人に相談したら、育児放棄しない限り見守って無事に離乳期を迎えたら、その人が引き取ってくれるとのこと。さらに、親猫も捕獲して、こちらは避妊処理をするのが適切だとのことだ。避妊は、野良でも市から費用が一部支給されるらしいが、会社の人は自分が費用を出しても良いとまで言ってくれた。ただし、もし育児放棄した場合には、すぐに保護してほしいとのことで、とりあえず毎日人がいないので、なんとも不安だけど、そのつもりで対処することにした。

  しかし、考えたら山で生活しているような野良君なので、そもそも捕獲できるのだろうか?と不安になった。地域によっては、行政が捕獲器というのを貸してくれるそうだが、北杜市はそんなことはしていないらしい。

  ということで、地域のポランティア団体も調べてくれるとのことで、とりあえず事情はともかく、小さな命が無事に育ってくれるのを待つことになった。


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2017年
5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31