トップ 最新 追記

Mano Blog

Health | MISC | NPO | PC | インターネット | 仕事 | | 電波 |

2020-10-01 小人さんに感謝

_ [仕事] 小人さんに感謝

  なんだか怒涛のテレカン続きで、落ち着いて資料作成ができない。明日のDTAの委員会の資料を慌ててまとめていたら、共用している資料は、某委員長さんが綺麗にまとめてアップロードされていた。

  なんか、夜中に小人さんが働いてくれている感が満載で、感謝感謝感謝だわ。

  おかげで、夜はSunnyのFさんと久しぶりにお家のみ。隙間に作ったアサリご飯とすきやきが、なかなか好評だったのは、作り甲斐があったわ。

  夜にそれぞれのパートナーも揃って、四人でバータイム。久しぶりに飲んだわ。


2020-10-02 リダンダンシー

_ [仕事][インターネット][PC] リダンダンシー

 普段使っている、MacBook Proは何度かディスプレイがおかしくなったことがある。この前は、キーボードがおかしくなって修理に出した。そんなことから、この前のキーボードの修理の後は13インチと16インチのMacBook Proを、iCloudで完全に同期させて使っている。極端な話、家の中の二箇所に置いてあって、どちらで作業していても完全にシームレスに使える環境にした。

 そんなわけで、例えばエアロバイクをこいでいるときはそこに設置してあるMacBookを使い、それ以外の時は大型のディスプレイをつないでいるMacBookで作業すると言う感じだ。

 そんな中、外出時は基本的に13インチの小さい方を持っていくわけだけど、日曜日に東京の家でコードを引っ掛けてしまいよほど打ち所が悪かったのか、液晶に小さなヒビが入ってしまった。というわけで日曜日に、アップルのサポートとチャットで会話をしたら、月曜日の夕方にピックアップをしに来てくれて、水曜日の朝には、液晶が交換されて戻ってきた。たまたま、火曜日は東京に行くので運悪く、重たい16インチを持ってい行くことになった。とは言え、二重化していたために、今回は本当に実質的な影響が全くなかった。

  そして、今日は朝一で病院でリハビリだったのだけど、少し長引いてしまいDTAの委員会に遅れて途中から参加。駐車場の車の中からテザリングで参加し、休憩時間に家に戻って引き続き長時間の委員会とフォーラムに参加していた。ところが、電源を繋ぐのを忘れていて、途中で落ちる悲劇に。ここでも、もう一台のほうをZoomに接続したので、すぐにリカバリーできた。

  というわけで、昨日の証券取引所の障害発生がニュースじゃないけど、つくづくリダンダンシーって大事だなぁと思った1日だったわ。

  夕方一連の会議が終わったので、長坂のいつものワイン屋さんでうちゅうブルーウィングのクラフトビールを購入。巨峰を使ったStarDustが人気があるらしく、お一人様2本までの購入制限があったけど、他も含めてこちらのリダンダンシーも確保。

画像の説明

2020-10-03 働くお嬢と働く爺

_ [][仕事] 働くお嬢と働く爺

  今日は、お嬢が駆け足し外乗のガイドを務めるということで、昼の戻ってくる時間に合わせてSunnyへ。待つことしばしで、Pooさんを従えて帰ってきたAliceをみて、なんだか嬉しいの半分、自分が乗れない寂しさ半分。でも、本当にそれなりに大人になったなぁ....と嬉しいほうが勝る感じだ。

  お仕事を頑張ったお嬢をみて、自宅に戻って午後にテレカン一つと、メールの処理などで、爺も少し仕事をする。

  夜は、なんか煮魚が食べたくなったので、スーパーに買い出しにいったら、胡麻鯖が出ていたので、味噌煮にする。一昨日のすき焼きの材料も残っていたので、肉じゃがと冷凍してあった火薬ご飯で夕飯。 せっかく和テイストなので、青煌のひやおろしを一杯。

  ナイトキャップは、ギムレットをシェイク。残念ながら、まだ両手では振れない.....

画像の説明 画像の説明

2020-10-04 秋冬の食品加工

_ [MISC][] 秋冬の食品加工

  毎年のことだけど、この時期になると明野のりんご園で、Sunnyのみんなに差し入れるりんごを買っている。でっ、ハネモノの馬用だけでは悪いので、普通の家庭用のりんごも買うのだが、この時期になると少ないけど紅玉も入手できる。

  日本のりんごでは、昔は紅玉が普通にメジャーだったのに、今は人気がなくて数が少ない。でも、あの酸味は、ジャムやパイにするには、捨てがたいものがある。

  そんなわけで、毎年のように紅玉を買っては、ジャムにしているのだが、今年もとりあえず1kg弱をまずはジャムにしてみた。やはり、どくどくの赤みも綺麗だなといつも思う。

  これから、冬にかけては、鬼胡桃の皮むき、白菜、大根、野沢菜の漬物と、いろいろとやることが多い。築地が移転するまでは、この時期はボラ子でカラスミも恒例だったけど、豊洲まで行くのが面倒なので、ここ2年ほど作ってないなぁ。

  今年は、山梨にいる時間が多いので、久しぶりに大根と野沢菜も種まきして、発芽しているけど、あまりちゃんと畝って無いので果たしてどうなるかな。

  今日は、久しぶりに日曜夜に上京。夜のあずさ号は、それなりに観光帰りの乗客が多いなぁ。

画像の説明

2020-10-05 デジタル庁への期待

_ [仕事] デジタル庁への期待

  今日は、朝から事務所でのテレカンからスタート。その後、内閣府の合同庁舎を訪問し、デジタル庁の準備で忙しい平井デジタル改革担当大臣と面談。デジタル改革、デジタル庁による政策を進める上での、データの取り扱いについてディスカッション。僕は、ちょうど先月の日記に書いたANAな話しを、改めて説明させていただいた。これは、本当にうデジタル庁へ期待することだ。

午後は、Society5.0の標準化のテレカンと、AIホスピタルのコアミーティングなどが続いた。

  明日は、早朝から東京の病院で定期検診なので、今日は都内のホテルに投宿することにしたら、GoTo キャンペーンのおかけで35%引きと地域振興券までついてきた。


2020-10-06 骨密度維持 闘病シリーズ No.34

_ [Health] 骨密度維持 闘病シリーズ No.34 

  午前中は、3ヶ月毎の検診で聖路加国際病院に行く。骨密度の測定。内分泌療法により骨密度が低下している可能性があり、昨年から投薬をしてきてその経過確認。今回の測定結果では特段の低下が見られなかったので一安心。骨密度に関係なく、激しい衝撃(落馬とか) したら、折れるもの折れるけどね.....

  血液検査の結果も、腫瘍マーカーの再上昇はなかったので一安心。前回逸脱により薬の在庫がなくなるのではと言われていた内分泌療法のホルモン注射は、今回も薬があったので普通に投与された。

  もうすぐ、がんの発見から丸3年になる。なんとか、そろそろ寛解とか言ってくんないかな。午後は事務所に戻り、学術データ連携基盤のテレカンの後、某省で今年の調査業務の打ち合わせ。その後、関係部局に協議会の機関誌等を配って山梨に戻る。

  夜は、IEEE802.11bcのテレカン、こちらは最近は完全にオブザーバーモードなので、比較的落ち着いて聞いてられる。


2020-10-07 リハビリだからね

_ [仕事][MISC][Health] リハビリだからね

  今朝は、朝一で病院でのリハビリからスタート。とにもかくにも、毎日毎日、少しずつ可動域は広がっているのを実感してるし、リハビリでもそれは確認できている。とはいえ、まだ特定の角度で痛みがあるけど、その範囲も少しずつ小さくなってきている。

  リハビリの後は、主治医の問診があるのだけど、痛いとこが石灰性腱炎になっている懸念はあるけど、痛みも範囲も縮退しつつあるので、もう少し様子見ということになった。

  病院が終わって、すぐに研究系のテレカンだったので、とりあえず携帯のハンズフリーで車から参加して自宅にもどり、そのままPCにスイッチ。僕は行けなかったのだけど、チームメンバーが先々週に青森に出張してヒアリングしてきた漁業系の社会課題は、密猟の被害の話だったのだが、想定よりも大きな被害でぴっくり。こういう課題に、どうデータとICTで貢献できるかを議論。

  午後もいくつかのテレカン。インタラクションの多い社内会議とかディスカッションの会議は、まぁ疲れることもあるけど、それなりに楽しい。でも、発言機会の少ない会議の場合は、とにかくPCの前で資料見ながら聞いてるだけの時間が多い。自慢じゃないが幼少期から一貫して"落ち着きがない"と言われ続けた僕には、これは結構苦行だ。なので、 最近はダイニングキッチンから参加している時は、拡張ディスプレイに大きく画面を写して、音量も大きくし、ついつい他のことをしている。

  今日の午後は、ちょっと余裕があったので、この前の週末に買った紅玉と、冷凍のパイ生地がちょっと余っていたので、おやつにアップルパイを仕込みながらの傍聴モード。本当はこういうのは、いかがなものかと思けど、まぁほらリバビリのためには手を動かしていないとならいないわけで....

  今日は、とにくか雨で寒いので、体も硬くなりがちだし、リハビリ大事だよなぁということで、夜は一杯だけ氷を割って、フレンチコネクション。リハビリのためですからね....

画像の説明 画像の説明

2020-10-08 なすべきことをなす

_ [仕事] なすべきことをなす

  IEEE P3800 Data Trading Systemの10/22に予定の2nd meetingのCFP(Call for participation) や Call for Submission を発出したら、欧州のIDSAのCTOから積極的なメールが飛んできた。彼らは、彼らでいろいろと標準化をして、国内規格のDINを策定したりしているのだが、それらは当然のようにP3800とも連携したり相互参照したりできるわけで、それはそれで楽しいコラポが期待できるかもしれない。

  一方で、先月少し紹介されていたWEF(World Economic Forum)のData for Common Purpose Initiativeのプロジェクトリーダからも、彼らの活動の狙いのサマリーが送られてきた。こちらは、少しパーソナルデータの主権という視点に近いけど、思うところは近い。

  日本でもデジタル庁とデータ戦略の議論やアーキテクチャの議論が活発になってきているけど、こういう標準化を介した国際連携は、その中にいないと感覚がわからないかもしれない。

  日本では、まだなんでなんでな人とか、具体的な事例がないと....的で、何をなすべきかという行動原理の人が少ないのが、ちょっと辛いなぁ。

  信念と熱意をもって、なすべきことが何かを自らに問い続けないと、グラントデザインとかアーキテクチャは描けない。内向きの説明のための解釈論とかエクスキューズを追求するスタイルって、どうもぼくには苦手だな。

  できる範囲からとか、わかりやすいことからって言う人は、きっと来年は違うことをやってるんだろうな.....


2020-10-09 テレキューブ

_ [仕事][] テレキューブ

  今日も、朝1番は病院でのリハビリからスタート。その後、AI関係のWeb会議は、ハンズフリーで車から参加。その後、東京に上京して、午後はWeb会議三つに事務所から参加した後、某合同庁舎でデータ戦略についての打ち合わせ。

  明日は、AIホスピタルのシンポジウムに、リアルで参加しなければいけないはずだったのだが、台風の影響が大きいことから中止が決定された。と言うわけで、東京に滞在する必要は無いので、急遽山梨に帰ることにした。

  こうなると、夕方の6時からの、スマートシティー関係のWeb会議のために、事務所に戻るのは効率が悪いので、丸ビルの地下にある、テレキューブから参加することにした。テレキューブはトライアルの頃に何度か使っていたけど、有料サービスになってから使ったのは初めて。コロナの関係で、換気設備が良くなったり、ネット会議に直接出れるようにパッドが配備されていたり、写り映えをよくする照明がついたりと設備が充実されていた。

  テレカンが少し早く終わったけど、なにしろ東京駅の真前だから、余裕でお弁当を買って、7時15分東京発のかいじ号で山梨に戻った。

  それにしても、AIホスピタルは、PDのリーダーシップがしっかりしているから天候の状況によって開催を中止する場合のクライテリアなどがしっかり決まっていて、適切な時間に判断がされるのが嬉しい。

  先日の東証の記者会見といい、決断する時に決断できるリーダーがいるのは、本当に心強い。


2020-10-10 特定食中毒

_ [MISC] 特定食中毒

  何がというのではなく、特定の食事が無性に食べたくなることが結構多い。特定の食材の時もあるし、ジャンルの時もあるし、お店や一緒に食事をする人まで特定される場合もある。でっ、発症すると、もうどうにもこうにも頭の中がそれで一杯になってしまう。

  昨日からの寒さのせいなのか、昨日の午後からはビーフシチュー食べたい病が発症してしまった。もう、こうなると、昨日の夕方にかいじ号にのってる時から、とにかく頭の中はそればかりだ。食材をどこで買うかとか、サイドを何にするかとか、何を飲むかとか、とにかくそんなことばかり考えてしまう。

  今回は、とりあえずフランスパン焼いて、ブルーチーズトッピングのグリーンサラダで、夏前に分けてもらったナチュラル系のワインで.... とかが、ずっと頭の中をグルグルしてた。朝起きても、何時頃に肉屋に行って....みたいな感じで、まったく生活が食べ物中心になってしまう。

  人参の在庫がないので、明野の直売場で買って、その足でお嬢に差し入れして...と思っていたら、ざんねん人参が売ってなかった。でも、雨のなかお嬢の顔だけ見に寄って、ポートレイトを一枚。いやー、ほんとうに綺麗な目をしていて、ウットリするよ,,,って、もう親バカです...すいません。

  というわけで、まぁ午後からパンを焼いて、シチューを仕込んだのだけど、パン捏ねは、ちょっとリハピリになるわ。もっとも、捏ねのほとんどはミクサーがするので、丸め工程と成型だけだけどね。

  夕方、コトコトとシチューを低温で煮てる間に、たかねの湯で肩を温めて、少し動かしたあと帰宅して食事。やっと、昨日からのビーフシチュー食べたい病が、治ったわ。

  最後は、リハビリのためにマティーニをステアして、お嬢の綺麗な瞳に乾杯。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

2020-10-11 はんこ問題のNext Step

_ [MISC][インターネット][仕事] はんこ問題のNext Step

  はんこ問題がまたしても燻っている。何でもかんでもハンコが悪いとか言うのは言い過ぎだとか、ハンコは文化だから守れとかいろいろと騒がしい。ゆかりのある山梨県は、印鑑の製造産業がそれなりに多いらしいので、ちょっと人事ではない。ハンコとか捺印とか言っても、その使い方でいくつか大きな違いがあるので、十把一絡げで不要論廃止論を述べれば、それは残念ながら一部に反発を招くし、説得力に欠けるだろう。

  ハンコと言うのは、ハンコそのものと、捺印されたときの印影が一対になっているから、使い方によっては、十分に意味がある場合もある。

  意味のある使い方と言う意味では、あらかじめ印影を登録したり届け出たりしておき、その後のプロセスで印鑑を持っている人が書類や書面に捺印をして提出したときに、その印影と届けられている印影とを照合することにより認証するパターンだ。

  例えば、銀行の届出印などがこれに該当する使い方だろう。昔は、民間の取引でも、あらかじめ領収書に捺印する印鑑を、取引口座の開設や契約の時に届け出ておき、毎月の支払い時に捺印された領収書と届出印の印影を照合するなんてことをしていた。

  このような、相対での使い方だと、なりすましというか誰かが他人の印鑑を作って届け出ていたらどうにもならないので、印鑑登録と言う仕組みで公的に印影とその所有者の関係を証明するのが印鑑証明だ。この辺は、電子的な世界ののサードトラストパーティーによる証明書と同じだ。

  で、僕らの周りでおそらく一番多いハンコの利用シーンと言うのは、こういう届け出をしないパターンではないだろうか。例えば、各種の申請書や社内稟議書等では、あらかじめその印影を登録するなんてことはしていない。

  開発の仕事とかをしていると、回路図や、機構図面等の各種図面に、設計者、製図者、承認者の名前と日付を記載する欄があって、日付印とかデート印といわれるゴム印などを押印していた。

  こういう類のハンコの使い方は、多くの場合署名でも代替えされてたりするが、シャチハタの三文判より署名の方が、偽物が作りづらいのは、古い映画だけど太陽がいっぱいでも証明された話しだ。

  つまるところ、第三者証明のある実印、第三者証明は無いけど登録を要する届出印、一方通行な捺印(三文判?)があるわけだけど、これらのいずれもが、電子的な署名や証明書により代替可能な事は明確だ。そしてペーパーレスになるのであれば、当然ながら電子的な方法にならざるを得ないだろ(印影のスキャンデータを貼るなんてのは無しね)。

  とは言え、大きく何かを変えていくときには、ある程度類型化した形でその効果と影響を整理して、説明と議論をする必要はある。

  なので僕としては、十把一絡げの議論から、もう一歩突っ込んだレベルの議論にそろそろ世間の話が移ってくれないかなぁと期待している。

  ちなみに、天刻は、まったく文化で、僕も中国の友人に、それなりの方に彫ってもらった天刻をプレゼントしてもらい、いまでも大事にしているけど、これはまぁ作品としての魅力みたいなものだ。

  そういえば、遅ればせながらEightで名刺のQRコードを作ってみたんだけど、QRコード印とか、どっかで密かにやってたりしないかな。

画像の説明

2020-10-12 SIやIT屋に矜恃はあるのか

_ [仕事] SIやIT屋に矜恃はあるのか

  デジタル庁のアイデアボックスが設置されて、DXや電子政府について、様々な提案が寄せられている。僕らは、DTAの連続フォーラムでこの春先に、全13回のフォーラムを開催して、多角的な提言を行った。

  そんななかの、本当に小さいけど影響のある提案の一つに、PPAPの廃止がというのがある。多分、この日記を読むようなセグメントの人は、みんな知っていることだけど、PPAPとはPasswordつきZIPファイルを送る>Passwordを送る>Aん号化(暗号化)する>Protocol (データ通信の手順)というやつで、これが全く意味ないし、有害でさえあるので、廃止すべきという意見だ。

  これは、昨日今日の話ではなくて、もう情報系の有識者や研究者、あるいはちょっとリテラシーのある人の間では、もう何年も言われてきたことだ。

  しかし、あいもかわらず、毎日何通ものPPAPによるZIP添付メールを、僕は受け取っている。そして、その多くは、大手企業や官公庁から送られてくる。個人が、こんなめんどくさいことをいちいちする事は稀だろうから、これらのほとんどは、組織のITシステムとして導入されていて、自動的に処理されているのだろう。

  ということは、もう間違いなく、こういう仕組み(ソリューションとか言うらしい...知らんけど)を、企業や官公庁に提案して、導入させた誰かがいるわけだ。いわゆる、SIとかITコンサルとか、そんな人達なのかもしれない誰かが、セキュリティのためには大事なんですという信念に基づいてなのか、単に売り上げのためになのかは知らんが、売り込んだのだろう。

  ところが、これだけPPAP害悪説が唱えられている中で、どこからもいやいや何言ってんのよ、PPAPは大事ですよという事を訴える人を見ない。かといって、実は若気の至りで、かつて一生懸命推奨して売り込みましたとか、当時は本当にいい提案だと思ったんですが....とか言う声も聞かない。

  そして、当たり前のように今日も大手のSIとかIT屋から、PPAPが飛んできてるわけだ。

  そりゃー、会社の方針だとか、勤め人の悲哀だとかもあるかもしれないけどね、誰かそろそろ実は...とか、改心したのでこれからはPPAPの撤廃の先頭に立ちますとか言う人は出てこないのだろうか?

  まぁ、堂々とPPAP肯定論をぶち上げる人でもいいけど、とにかくいいがげん導入させたり、導入の決断をした輩が何か表明しないと、所詮仕事になんの矜恃も持たない拝金主義者かよと思って、SIやIT屋に対する憐憫な思いが募ってしまうのは、僕だけですかね。

  というわけで、みんな目をつぶれ、怒らないからPPAPの導入を推奨した経験のある人は、手を挙げてご覧......


2020-10-13 日帰り上京

_ [][仕事] 日帰り上京

  午前中、新宿の某社で広報関係の資料に掲載するためのインタビュー。データ流通についてのあれやこれやを語らせて貰った。社会の課題を解決する会社さんなので、これからの活動では、せびデータ活用で社会の課題を解決していもらいたい。でも、少しは個人の課題も....

  午後は、外苑前の事務所で、Web会議の連チャン。今日は、事務所にリアルで4人も人がいて、なんか久しぶりな感じだ。でも、もうすっかりテレワーク が当たり前になってはいるなぁ。

  夜、甲府に戻るあざす号を予約していたのだが、30分早いかいじ号に乗れそうだったので、指定券の変更をする。これが、いまはホームの自販機でできるのを、先日駅員さんに教わったのでトライ。あずさ、かいじは、全席指定なので、こういう対応は、なかなか便利だ。でも、駅の券売機で指定を取ると、発車するまで列車内の席の上のランプは、指定済みの緑に変わらないのね..これはシステムと列車の通信がバッチ処理しているからだね。

  30分早い特急に乗ったので、夕飯も仕入れられなかったので、甲府についてから帰路の途中で夕飯。甲府の上田屋というラーメン屋さんで中華そばともつ煮のセット。この時間だと、ラストオーダーにギリギリ間に合うことがわかったので、このパターンは、これからも使えそう。

  帰宅して一風呂浴びてから、IEEE802.11のテレカンに一つ参加。802.1でTSNとか提案している日本チームの人は、ここフォローしとかなくていいのかね...


2020-10-14 ライトニング

_ [仕事][MISC] ライトニング

  月曜日に行われた広島県の広島サンドボックスのパネルでは、懐かしい知人が登壇者だったりもあり、なかなか楽しいセッションだった。

  でっ、このWeb会議の時の画面をみると、明らかに僕だけカメラ画像が暗い。これは、バーチャル背景のせいというよりは、照明の関係だろう。昼間Web会議に出ている場所だと、部屋の明かりがやや後方から当るのだ。

   僕は、特段外付けのWebカメラとかを使わずに、MacBookProの内蔵カメラなので、まぁこんなもんかなと思ってるけど、さすがに他の人の映像と比べると暗いよね。もっとも、今日の僕は、ヒゲ剃ってなかったので、こんくらいでちょうど良かったかもしれないけど....

  ちょっとネットで検索したら、世の中では、Web会議用のカメラはもちろんのこと、照明なんかもいろいろと出回っていてびっくり。

  いやー、ライトニングって大事だよなぁ....とつくづく思っていたら、先週入手したアンティークのピアノライトが届いた。これは、Barのカウンターで本を読むために手に入れたんだけど、さすがにこれはWeb会議の照明には合わない。

画像の説明

2020-10-15 動き出す感

_ [仕事] 動き出す感

  今朝は、一番で西海岸の某経済系シンクタンクというかNGOとのテレカン。ここにきて、いろいろなところから、データ取引市場的な思想の話が飛び込んできて、俄然面白くなってきた。

  国内は国内で、デジタル庁もふくめて、物凄いスピードで、いろいろなことが進んでる。そんななか、とある新しい取り組みについての議論で、難しいなと思ったのは、結局のところ井の中の蛙問題かもしれない。

   特定の分野の中で生息している人は、自分の発想やコンセプトの新規性を信じて疑わない。でも、他の分野や外の世界では、同じ様な動きはある。こういう時に、それぞれの違いを把握し、的確に表現できないと、その新規性は御山の大将でしかない。

  となると、すくなくとも既存の取り組みと同じ評価軸で、新しい取り組みを整理した時に、なにが差異なのかを、単純明快に説明できるかどうかが鍵だ。漠とした思い入れは、あくまで主観的なもので、第三者に伝えるのは苦労する。

   たとえば、今までにないほどの品揃えのお店なんですと主張したところで、今までのお店の取扱品種と比較がないと、いまひとつ???となる。取扱う商品は、すでに他店にもあるけど、 ワンストップの便利さを訴えるなら、そこで提供できる機能ほ示す必要がある。

  こいうのを、ちゃんと表現できないときは、あまり声高に今までにないとか、世界でも珍しいとか言わないことが重要だと思うんだけど、世の中には花火好きな人も多いなと思う。

  かつて、5Gのワークショップで、家に帰って5Gってなにが違うのという質問を奥さんからされたらなんと答えますかという問いをしたことがある。業界じゃない人に、ちゃんとその効能を説明できるかが、新しい取り組みをする時には大事なわけだ。

  そういう意味で、Distinctって意識が大事だなと思ってたら、時代とともにあっちもこっちも動き出すと、ますますそれが薄れていくという危機感を禁じえない1日だった。


2020-10-16 リハビリ

_ [Health] リハビリ

  今朝も病院でのリハビリからスタート。寝た状態で左腕を上げた時の角度は、術後に確認された150°に対して145°まで来た。術後は、麻酔が効いていて、まったく痛みがないので、まあそりゃいくよね。今は、痛みがまだあるので稼働範囲が限定される。それでも、少しずつ範囲が広がっていく。 なにしろ、最初は自分の力では、激痛でまったく上げられなかった。

  リハビリのあとの問診で、先日とったレントゲンを確認し、まだ仮骨が出てきていないけど、処置した箇所に異常はないのと、石灰性腱炎のようなものも確認されなかったので、とにかくリハビリを続けていくしかない。

  担当の理学療法士の先生は、若いけど丁寧に説明しながら取り組んでくれので、こちらも納得しながらできるのがありがたい。でも、痛み止めを飲んでないので、攻め込んだリハビリのあとは、かなり筋肉痛的な痛みが残るんだよね。

  自宅でも牽引の動きができるように、病院から帰る途中でホームセンターで滑車とロープを購入して、簡単なリハビリ環境を家にも作ってみた。でも、今日は朝の攻めたリハビリの影響で、とても動かす気になれない....

画像の説明

2020-10-17 会計のお題目

_ [NPO] 会計のお題目

  今日は、ずっと雨なので、年に一度のNPOの会計担当のお仕事。グループホームを運営していた時には、地方自治体との連携処理があって、摩訶不思議なシステムでの点数計算とかの煩雑さがあったのだけど、いまはそれがないので仕分け数がとても少ない。

  基本的に僕がやるのは、現預金出納から仕分入力をして、決算書仕分を追加して、決算書などを一通り作ることだけど、いまは決算仕分けの見越、繰延も償却資産もないから、本当にシンプル。

  それでも、こういう作業をする時は、いつも頭の中で"資産の減少・資産の増加,負債の増加・負債の減少,費用の発生・収益の発生,資本の増加・資本の減少"と、取引の八要素をお題目のように頭で唱えてる自分がいる。

  三十数年前に、区の商工会議所が主宰していた簿記の講義を受けて、日商簿記の三級と二級を取った時に教わったこのお題目は、いろいろな意味で普遍的な知識として役立っている。実際に、データ取引も基本的にこういう会計の原則に照らして考えことは多々あるのだ。今年も仕分けは少ないので、午後に三時間くらい会計仕事をして、無事に終了。

  ずっと、冷たい雨が降っているので夕飯は熱燗と和食。今日は手を抜いて、市販の唐揚げ粉なるものを使ってみたら楽ちんだった、でも味はありきたりだな.....

  2軒目のBarは、ちょっとチャレンジモード。いつものTanquerayとMartini Extra Dryではなくて、Gordon'sとDolinの組み合わせ。これはこれで、ドライさが和らいで飲みやすいなぁ... ステアする時に頭の中で唱えるお題目は、なにかないかしらん...

画像の説明

2020-10-18 初冠雪

_ [][NPO] 初冠雪

  寒い、いきなり冬が来たみたいだと思って、朝窓を開けたら、南アルプスも八ヶ岳もしっかりと雪景色。今日は、集落の道づくりだったのだけど、まだ十分に腕が上がらないから、とても仮払機を使えないので、出不足とさせてもらった。

  とりあえず、朝はIEEE P3800のHPを修正などする。

  先週もそうだったけど、騎乗ができないので、サンドイッチをもってSunnyに出かけて、お嬢様の顔をみてからお昼を食べる。でも、今日はお昼の前に、馬場の横にある胡桃の樹からの贈り物の収穫。

  まだまだ、たくさんあるんだけど、鬼胡桃は後工程が本当に大変で、それを思うととりあえずこんくらいでとなってしまう。

画像の説明 画像の説明

2020-10-19 安住の地?

_ [MISC] 安住の地?

  朝・昼・晩といつの間にかちゃっかり通っていたチビ野良さんは、僕が入院したりして、誰もいない日々が続いたら、いつのまにか姿を現さなくなった。もともと、保護猫をたくさん面倒みてる御近所さんのとこに来ていて、そこの猫たちのなかではポジョンが取れなくて、我が家に来ていたので、再びそちら戻ってご飯を食べていたようだ。

  でっ、先日その御近所さんと話したら、出産後に育児放棄したと思っていたのに、なんと白黒の子猫をつれて来たらしい。そして、すっかり御近所さんの床下に寝床もつくってもらい、住み着いてるそうだ。

  というわけで、まぁ駆け込み寺というかシェルタとしての、我が家の役割は終わったので、残っているカリカリを御近所さんにお渡しすることにした。

  これで、安住の地となってくれて、あとは避妊手術できるようになれば良いのだけど、果たしてどうなることやら。

  ちび野良さんが来なくなったからではないだろうけど、御近所さんの他の猫たちが入れ替わり立ち替わり、我が家を覗きにくるようになって、すきあらば家に入ろうとしてるのは、なんなんだよ...


この日記は、FaceBookにフィードしているので、ツッコミはそちらだけで受け付けることにしました。
過去の日記
2020年
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31